FC2ブログ

自由への選択

Divine Human (神なる人間)シリーズ シャウド7

神なる人間シリーズ シャウド7
「パワーの幻想」
クリムゾン・サークル 2003年2月1日
---------------------------------------------------------

トバイアス:そしてそのように、親愛なるシャーンブラ、私達はクリムゾン・サークルのエネルギーの中にともに加わります。人間の姿をした天使という困難な道を歩んできた者達が、今、分かち合い、学び、教え、そして実際に飛翔するために集まっています。私、トバイアスの気持ちは、感動と愛で高揚しています。私は、ここのこの空間のヴァイブレーション(波動)を受け入れます。それは、ただの物理的空間ではなく、すべてが一カ所に集まったエネルギーと意識の空間です。
私のエネルギーを調整して、クリムゾン・サークルのこの空間に合わせるのに少し時間がかかります。私はあなた方一人ひとりを見るのが好きです。私はあなた方一人ひとりを知っています。あなた方全員を知っています。…それは、私達が地球での生涯で笑いと涙を分かち合った時だったかもしれません。あるいは、あなた方が生涯と生涯の間に訪ねて来て、ここクリムゾン・カウンシル(評議会)に再び集まり、私達が腰を下ろして、あなた方の地球でのすばらしい冒険の物語に耳を傾けたこちらでの時だったかもしれません。

あなた方が生涯と生涯の間にここに来ると、私達はあなた方に尋ねます。「もう一度人間としての人生を経験したのはどんな感じでしたか? とても深い愛を体験するのはどんな感じでしたか? 死の痛みを耐えた経験はどんな感じでしたか? あなた方が人間の体で生まれた時、あなた方が私達とのつながりを失ったと思った時はどのように感じましたか? 自分の手で何かを創造するのはどんな感じでしたか? ああ、そして、あなた方のスピリットを使って、あなた方の創造性を使って何かを創造するのはどんな感じでしたか? あなた方が一人で旅立ったあの時、あの夕陽を見つめるのはどんな感じでしたか? 私達があなた方のそばに座っていたのを、あなた方は知っていましたか?」 

私達はあなた方がここに帰って来る時に、あなた方の物語を聞くのが好きです。それは、ただ一緒に座って、あなた方のどこが正しく、どこが間違っていたと判断したり、調べたりすることではないと、あなた方は知っています。そういう判断は二元性の世界に住む人間の特質です。実のところ、善悪は存在しません。経験と表現があるだけです。

あなた方がここに戻って来る時、私達はあなた方に集中クラスに参加してもらい、あなた方の人生のあらゆる活動を振り返り、どうすればもっとうまくできたはずだとあなた方に教えるわけではありません。そんなことはしません。私達はただ座って、あなた方の物語に耳を傾けます。善良な精神分析医のように、私達は「それはどんな感じでしたか?」と聞きます(聴衆 笑)。「それはどんな感じでしたか?」

次に、私達は微笑みを浮かべ、ウインクをしながら、「あなた方がもしそれをもう一度最初からやり直さなければならなかったとしたら、どうしますか?」と尋ねます。するとピューッと、あなた方は地球に戻っていってしまいます!(聴衆 笑) あなた方は私達の目の前で姿を消します! それは、あなた方がいかに強いかを示しています。あなた方がいかに創造的エネルギーに満ちあふれているかを示しています。あなた方が「そう、私は戻っていって、違う生き方をしてみたい。そして、違う感覚を味わってみたい」と思った瞬間、あなた方はいなくなります。あなた方はいなくなります。

さて、親愛なる友たちよ、私達は今日、話すべきことがたくさんあります。あなた方がシャウドで話すべきこともたくさんあります。ですから、私達の話は短めにするつもりです。私達は前もってあなた方を調べました…今日のシャウドが何についての話かを知るために、言わば、化粧室のドアから中をのぞくようなことをしました。そして、あなた方が気づいたこと…あなた方が気づいたことはとても興味深い概念です。

ここで少し時間を取って、私達の今日のゲスト、私達の訪問客を迎えましょう。親愛なる友たちよ、このエネルギーを感じてください。感じてください。あなた方は、頭に浮かぶ名前やイメージのことを心配する必要はありません。それは、あとで浮かんでくるかもしれません。それよりも、私達のスペシャルゲストのエネルギーを感じてください。アイデアの種が…たくさんのたくさんのアイデアの種…多くの田畑を満たすのに充分な種がここにあります。

私達の今日のゲストは、先月ここにいた私達の愛する友 ― 聖(セント)ジャーメインのエネルギーです。彼は再び訪ねてきてくれました。私達が言ったように、彼はあなた方と一緒に働くことになります。彼はここ数週間の間に、いろいろな形で、あなた方全員を訪ねました。

あなた方は、「でも、私は彼を見ませんでした。彼がそこにいたのを知りませんでした」と言います。振り返って、思い出してください。彼は、小さな動物や小さな子供としてあなた方の前に現れ、それらを通して彼のエネルギーを流れさせたのかもしれません。彼は、夜の3時か4時に、あなた方が突然目覚めた時に、あなた方の前に現れたかもしれません。彼は、あなた方が道路を車で走っている時、あなた方が平和な場所にいた時に、あなた方の多くに話しかけています。彼はあなた方と一緒にいました。彼は今年、あなた方の周りにい続けるでしょう。私の愛する友、セント・ジャーメインはあなた方のすぐそばにいるでしょう…母なるマリアの愛し、育てるエネルギーとともに。この二人は、あなた方ととても親密に働く二本の柱のようなものです。

前回のディスカッションで述べたように、セント・ジャーメインはかなりの間、離れていました。私達が“新しい地球”と呼ぶこの場所を創り出し、誕生させるために、私達の側で天使を助けていました。彼はこのプロジェクトで忙しく、コンタクトできませんでした。今はグリッドが整ったので、彼は今、あなた方の住む物理的地球と新しい地球の両方の場所に彼のエネルギーをもたらします。彼は両者の間の導管のような存在です。

セント・ジャーメインは、大天使ガブリエルの命令に直接従っています。私達はここでは彼を、人間の姿でつながることのできる天使として知っています。私達はここでは彼のことをゼバエル…ゼバエルという名で知っています。私達は彼をセント・ジャーメインと呼びません。これは、あなた方が彼につけた人間の名前です。

私は一週間前に(デンバーでの)チャネリング・ワークショップで、私に大きな喜びを与えてくれたあることを話したいと思います。勇気を持ち、チャネリングの方法を学ぶために安楽さの境界を越え渡っていた “神聖な人間”のエネルギーの中にいることは、大変な喜びでした。

あなた方が口を開き、あなた方のスピリットに自分を表現させる時が来て、どんな感じだったかを思い出してください。緊張、震え、あるいはたぶん邪魔されている感じ、答えを知りながら、それがそこにあるのを感じながら、たぶん間違った言葉を言おうとしている感じ、それは適切でなく、たぶん、何か偉大で深遠なものである必要があったという感じを思い出してください。そうです。あなた方のそれぞれ、あなた方のそれぞれがリスクを負い、その境界を超えました。人間が再び感じているのを見るのは嬉しいことでした。

あなた方は、論理的であるように、何か決められたやり方で考えるように教えられてきました。あなた方のエネルギーは、こうした活動を通して、とても制限されていました。しかし、今あなた方は再び“感じ”方を学んでいます…そしてたぶん、初めは自分の感覚を少し恐れています。

そうです、実際、あなた方が内なるスピリットに対して自分を開く時、それは古い記憶を呼び戻します。それはあなた方が地球に来る前の遠い遠い昔の記憶、あなた方がとてもパワフルで表現力に富んでいた時の記憶、あなた方が偉大なものや破壊的な恐ろしいものを創造した時の記憶を呼び戻します。あなた方は一度、自分を閉ざしました。あなた方が再び心を開き、感じることを学ぶ時、初めは少し混乱したり、いくらか恐かったりします。

あなた方のうち、チャネリング・ワークショップでこの体験をした人たちは、大きな一歩を踏み出しました。あなた方は自分に感じることを許しました。私達が言ったように、それはチャネリングに関するワークショップではありませんでした。それはチャネリングに関するものではありませんでした。チャネリングは古いのです。それは、わきに追いやられています。すみません、カウルダー(ジェフリー・ホップ)!(聴衆 笑)

それは、あなた方自身にもう一度感じることを許すということについてです。そして、あなた方が自分に感じることを許す時、あなた方の神性やあなた方の神としての自己につながる扉を開きます。あなた方が自分に感じることを許す時、あなた方はどんなものとでもつながることができます。あらゆるものにヴァイブレーション(波動)があり、固有のエネルギーの指紋があります。そして、あなた方はそれとつながることができます。

あなた方が自分に感じることを許す時、あなた方は木のエネルギーを利用することができます。たぶん、木は深遠な知恵や言葉で共有できるものを持たないかもしれません。それは、ただそのエネルギーを感じるようにあなた方に求めるだけかもしれません。そして、それはあなた方のエネルギーを感じます。あなた方はその木とつながります。あなた方はチャネリングしていると言えます。あなた方とその木の間には通路(チャネル)が存在します。

あなた方がつながることを学んだ時、あなた方が自分の感覚を開いた時、あなた方は他の人間とつながることができます。特にあなた方が低い壁の後ろに立ち、ドラマの外にいて、判断せず、それでも深い思いやりを持つ時、あなた方は他の人々からとても多くのものを感じるでしょう。ああ、そして、あなた方が開いた感覚! あなた方は彼らの物語全体を耳で聞き、感じ、知覚することができます。あなた方は、彼らが“故郷”を去った時から現在までの彼らの旅の物語全体を感じることができるでしょう。

そして、あなた方が本当に自分の感覚を開いた時、あなた方は私達や肉体を持たないエンティティ達、天使達、大天使達、偉大なものの中で最も偉大なものを感じることができます。あなた方は、私達を感じ、私達とコミュニケーションすることができます。私達は、今やっているように、必ずしも言葉であなた方に話しかける必要はありません。私達はあなた方に感覚で話しかけます。

ここには地球のあなた方のような言葉はありません。私達はヴァイブレーション(波動)や感覚やエネルギーでつながり、それは言葉よりはるかに完全です。私達はあなた方に言葉で話しかけるのは好みません。なぜなら、言葉にはかなり限界があるからです。カウルダーが私達の発した感覚や思考を受け取り、それをほかの人々が理解できるように人間の言葉にする方法を学ぶのに少し時間がかかりました。

先週のチャネリング・ワークショップに参加した人達は、これと同じような経験をしました。― 感覚の大海を知覚し、それを小川の流れに流し込む方法です。あなた方人間の言語はこれに似ています ― かなり限界があります。しかし、再び人間が感じているのを見ることは嬉しいことでした。

あなた方の学校や家庭や職場では、感じるなと教えます。あなた方の子供達は感じないように教えられます。彼らはマインドあるいは脳と呼ばれる部分を使うように教えられます。彼らはそこに焦点を当てるように教えられます。しかし、彼らは感じることを教えられません。

親愛なる友たちよ、親愛なる友たちよ。とても嬉しいことでした。私達はこの教師のグループに、これらのワークショップをこれからも開くよう励ますでしょう。たぶんいつか、あなた方が生きている間にも、もう一度感じる方法を教えられ、感じるよう励まされた無数の人間が現れるようになるでしょう。

あなた方はアイデアや創造性や情熱について話します。それらはすべてあなた方の感覚の中にあります。あなた方は時々、自分の人生に情熱を感じなくなるのはなぜだろうと思います。それは、あなた方がもう感じていないからです。あなた方は頭脳で情熱的になろうとしています。それではうまくいきません。あなた方の頭脳に情熱はありません。

天使であるあなた方、そして神であるあなた方には情熱があふれています。それは、あなた方の感覚を通してやって来ます。もしあなた方が情熱がどこにあるのか知りたいなら、それは感覚と呼ばれるものの中にあります。それはそこにあります。しかし、あなた方は頭脳の中にそれを見つけようとしているのです。

この学校にいるのは、とても嬉しいです!

(小休止)

親愛なる友たちよ、今日カウルダーが発表したシャーンブラ・ユニヴァーシティについてしばらくお話しましょう。彼は私達のもとに何度もやって来ました。「トバイアス、トバイアス、私は何をすることになっているのでしょう?」「何でもかまわない」と私たちは彼に言いました。「何でもいい。何もしないこともできる。あるいは、全部やることもできる」

「トバイアス、それはどんな外見にすべきでしょう?」「どんなふうでもかまわない」と私達は言いました(聴衆 笑)。「決めるのはあなたであり、シャーンブラです。カウルダー、それを絵に描ける人を見つけなさい。シャーンブラをチャネリングできる人、それをキャンバスの上にチャネリングできる人を見つけなさい」

「トバイアス、トバイアス、これは大きすぎますか?」とカウルダーは聞きました。そして私達は「本当に大きすぎますねぇ!(小さすぎる)」と言いました(聴衆 笑)。「あなたが今考えているやり方は本当に大きすぎますねぇ(小さすぎる)。あなたの思考を変え、感覚を変えて、心を開いてください。なぜあなたは自分を制限するのですか、カウルダー?」 

ああ、私達はカウルダーだけを批判しているわけではありません。私達は、あなた方みんなを批判しているのです(たくさんの聴衆 笑)。わかりましたね! 

そしてカウルダーは「私達はこの仕事にどのように取り組むのですか? 戦術は?」と尋ねました。「カウルダー、そのために、あなた方は地球に行き、人間になったのです」(聴衆 笑) 「それが、人間の姿をした天使がたどる旅です。答えを見つけるのはあなたの仕事です」 

そして最後に、彼は必死になって尋ねました。「でもトバイアス、トバイアス、あなた方はこれについてどう感じますか?」 それで、私は彼に告げました。「私達はそれは新しいエネルギーであると感じます。それが適切であると感じます。もし、あなた方がそれをやらないことを選択するなら、私達は理解します。もし世界中のシャーンブラがそれに関わらないことを選択するなら、それも適切であると理解してください。あなた方がそれをやらないならば、次のグループがやるだろうということを理解してください」(もっと多くの笑い)

私達は今、あることをあなた方全員に話します。私達は ― 何と言うか ― くすくす笑っていました。私達はこの時を待っていました。私達はそれをカウルダーや他の人々に話していませんでした。しかし、たった今、私達はこれをあなた方に話します。

あなた方が絵に描かれたものを見る、あなた方がシャーンブラ・ユニヴァーシティと呼ぶこの場所は、すでに存在します。それは、この惑星に存在するのではありません。別の次元の別の場所に存在します。あなた方みんながすでにそれを建てました。それはヴェールの私達の側にすでに存在します。

それは、これまで12年ほどかけて建設されてきました。あなた方はその仕事に取り組んできました。あなた方はそこにエネルギーを注いできました。あなた方はすべての骨組を正しい位置に配置し、それから内部を適切なエネルギーで満たしてきました。あなた方がアセンションの状態に移行する困難でチャレンジングな体験を一つ終えるたびに、あなた方はシャーンブラ・ユニヴァーシティをそのエネルギーで満たしました。

それは別の次元の別の場所にすでに存在しています。それはすでに存在し、たった今、新しい地球と呼ばれるこの場所に融合されつつあります。お分かりのように、新しい地球は図書館であり、新しいエネルギーの大学です。新しい地球は、神聖な人間のための図書館であり、大学であり、研究センターです。

ですから、この概念、あなた方が種と呼ぶものがすでに芽を出しているのがわかりますね。私達は今までこれをカウルダーやあなた方に話したくありませんでした。私達はあなた方に決定してほしいのです。

あなた方が、ここ地球にシャーンブラ・ユニヴァーシティのエネルギーをもたらすことを選択するとしたら、それは簡単でしょう。それはすでに存在しています。あなた方は、それが流れるところを見つけるでしょう。あなた方は、必要とされる多くのものを供給するために進み出る人々がいるのを見つけるでしょう。豊かな才能、お金、愛、思いやり、知識、知恵、これらすべてです。彼らは前に進み出るでしょう。しかし、彼らはあなた方を待っていました。彼らはあなた方が…カウルダーが…シャーンブラが大胆で勇敢になるのを待っていました。

ここで少し、その一部がどのように機能するかについて話しましょう。並行(パラレル)宇宙や並行現実(リアリティ)についてはメタフィジシャン達がたくさん議論しています。私達はこれについて、過去にあまり論じてきませんでしたが、それは私達があなた方に、あなた方の人生の“今”この瞬間に焦点を当ててほしいからです。しかし実際、他に数々の現実があり、あなた方の周り中に存在しています。それらは外の、宇宙の中に存在します。

あなた方には宇宙が見えます。あなた方はそこに目を向け、あなた方の目の次元を通して、宇宙を見ます。あなた方には特定の場所にある星が見えます。あなた方には、存在するすべての層と複数の次元は見えません。あなた方は限界のある人間の目を通して見ています。もしあなた方の人間の目を通して見て、宇宙は大きいとあなた方が思ったなら、あなた方はそれが天使の目にはどんなに大きく映るかが分かるはずです。

あなた方がそこにあるものを感じる時、あなた方には物質的宇宙がかなりの空っぽであることがわかるでしょう。しかし宇宙全体、内側とその周りに存在する層はかなりつまっています。こうした多次元の状態の中で、とてもたくさんの人間の体験や旅がなされているのです。

たとえば、あなた方の多くが大好きなアーサー王とキャメロットの伝説のかなりの部分は本当のところ、残念ながら、ここ地球上で起きたことではありません。そうではなく、別の次元で起きたことです。それは、あなた方がアークトゥルスと呼ぶ場所を取り巻くエネルギーの中で起こりました。それは、そこで人間としての物理的形態の中で営まれたのではなく、その背後の全現実、その概念、そのエネルギーがそこでは演じられたのです。アーサー王、グウェナヴィア(アーサー王妃)、マーリン(アーサー王に仕えた高徳の予言者・魔術師)、そしてその他のすべての登場人物がいました。親愛なる友たちよ、これは、変化の時を象徴する、とても重要なことでした。

あなた方はその芝居の役者でした。あなた方が演じていなかった時、あなた方は舞台裏で手伝っていました。別の時には、あなた方は観客席に座り、アーサー王伝説とキャメロットの物語が展開するのを見守りました。そして、それはそこで起こりました。それは起こりました。

その台本は前もって書かれていたわけではありません。私達もあなた方も物語の結末を知りませんでした。ある意味で、アーサー王の物語はこの別の次元で今も続いているとも言えます。物語は決して終わっていません。続いています。あなた方は、時折そこに戻って再びつながります。あなた方はその物語にかかわっていたのですから、それらのエネルギーの多くはあなた方によってここ地球にもたらされました。

そうです、ここにはたくさんのアーサー王、たくさんのグウェナヴィア、たくさんのマーリン、登場人物のすべてがいます。時々、あなた方は言います。「トバイアス、私は過去生でアーサー王だったと思います。しかし、そんなことがあり得るでしょうか? 私は昨日、同じことを考えている人に会いました。その前の日にも」(聴衆 笑)

あなた方は頭をかいて言います。「そんなにたくさん同じ人がいることなどあり得るでしょうか? 全く、私は頭がおかしくなったに違いない。実際、これらはすべて、日常生活を否定したがる頭のおかしい人間が考える妄想です」 

違います、親愛なる友たちよ、そうではありません。…あなた方はアーサー王でした。ある時、あなた方は舞台に出て、そのエネルギーを身にまとい、しばらくの間その役を演じました。そして、次に別の人が来てその役を演じ、そしてまた別の人が来ました。そして、あなた方は役を交替しました。あなた方は、このダイナミックなドラマの中でさまざまな登場人物を演じました。

ですから、あなた方が地球に来た時、あなた方はその物語に強いつながりを感じ、それが起こった土地に強いつながりを感じたのです。それは実際に起きたのです。その一部や断片が、ここ地球で起こりました。一部や断片は起こりましたが、その大部分は宇宙の諸平面(次元)で起こりました。

多次元のレベルで進行しているたくさんの物事についても同じことが言えます。とても忙しいのです。とても忙しいのです。あなた方は、愛する者が人間の肉体を去り、私達の側に戻ってくると、彼らから短い間しか便りがなく、その後、全く音信が途絶えるのはなぜか、不思議に思います。親愛なる友たちよ、私達の側ではとてもたくさんの活動が行われています。何と言うか ― 私達の側にいるときは毎晩、あなた方は芝居を見に行くことができます。芝居はたくさんあります。たくさんの物語が演じられています。あなた方は学校に行くことができます。あなた方は一人で出かけることができます。…ここではとてもたくさんのことが起こっているのです。

私達はあなた方がこの絵に見る、あなた方がシャーンブラ・ユニヴァーシティと呼ぶものの要点を補うために、この話を持ち出します。それはすでに建てられています。あなた方はたった今、あなた方人間のリアリティに、これらのエネルギーをもたらしています。あなた方はそれを地球にも建てることができます。それを多くの場所に建ててください。一カ所にとどめないでください。シャーンブラ・ユニヴァーシティを世界中に建ててください。

私たちがあなた方に何度も言ったように、ほかの人々があなた方の旅から学ぶことのできる活気のある場所と教師がとても必要とされています。彼らはあなた方から学ぶことができます。彼らはあなた方のクラスに行き、あなた方の本を読むことができます。彼らは、感覚に対して心を開く方法やもう一度創造的になる方法に関して、あなた方のセラピーを受けることさえできます。

ここには子供達がやって来ます。彼らはあなた方から違ったやり方で教わるでしょう。彼らは、マインドだけでなく、彼らのすべての資質を用いることを教わるでしょう。数学や科学やコンピュータを勉強するだけでなく、もう一度感じる方法を学びます。

子供達のさまざまなタイプや種類についてたくさん話してきました。― インディゴ、クリア、クリスタル、そして私達には分からないタイプについてです。しかし、シャーンブラ・ユニヴァーシティからやって来るのは、神聖で創造性豊かな子供達です。これが新しいエネルギーです。

セント・ジャーメインが戻ってきて以来、彼と私は楽しい時を過ごしてきました。彼は古い友人であり、私達二人は過去に人間であった属性を共有しています。ですから、これまでの短い間、私達は再び集い、笑いながら人間の物語を語り合って、離れていた間の情報を交換し合いました。私達の物語のいくつかは ― 私達が互いに相手に負けない話をしようと頑張ったので ― フィクションの大作になることでしょう。

私達がしてきたことの一つに、最近あなた方から来る、私達が冗談で「a-mail」と呼んでいる大量の「エンジェルメール」を読むことがあります(聴衆 笑)。あなた方はたくさんの質問を私達に送ってきました。私達はそれを全部聞いています。私達はその全部に耳を傾けています。私達はシャウドが始まる前に、あなた方の質問のいくつかを議論したいと思います。

セント・ジャーメインが今、意見を言っています。…「人間はずいぶん途方もない質問をする」と。そこで、これを、あなた方のテレビの芝居番組 ― 題して「人間はずいぶん途方もない質問をする」と呼びましょう(聴衆 笑)。

あなた方は、とても深遠でとても単純な質問をします。それでは、二、三の質問について話しましょう。

「神は存在しますか?」 これは、私達があなた方から繰り返し受けている質問です。答は「ノー」でもあり、「イエス」でもあります。伝統的な人間の考え方で言えば、神は存在しません。人間は、神は天国という場所にいる男性の姿をした全能の存在であると教えられてきました。ほかの人達よりもよくわかっているあなた方、シャーンブラでさえ、頭の中にまだこの教えが刷り込まれています。あなた方はまだ、上の方に偉い人がいると思っています。あなた方はまだ、そのエネルギーとつながろうとしています。

そういう意味では、神は存在しません。あなた方に対して何らかの判断を下す創造主は存在しません。そのようなタイプの神は存在しません。

それでも、神は存在します。あなた方の内に、常にあなた方と共にある神は存在します。あなた方を誕生させた故郷、神の源は存在します。互いにとても愛し合った王と女王のエネルギーが存在しました。彼らが互いの目を見つめ合った時、彼らの愛がつながった時…これがあなた方を誕生させました…さらに新しいエネルギー…探究者のエネルギー…スピリットの愛を携えて、それを新しい場所、新しい次元にもたらす…それをこれまで存在したことのないものの中にもたらすエネルギーです。

いつもあなた方を愛していた神、そして思いやり、そしてワンネスが存在します。あなた方の言う母なる/父なるエネルギーが存在します。でも、あなた方は神は独立した存在だと思っていますね。あなた方は神が途中であなた方のことを忘れたと思っています。あなた方は道を間違えたと思っています。そして、今は故郷に向けて道を進まなければならないと思っています。そのような意味での神は存在しません。

たった今ここに座っている、そしてあなた方の周りのいたる所に存在する、そして宇宙の多次元の層に存在するものという意味での神は存在します。王国の中にいて、あなた方に会いたがっている、あなた方にとても会いたがっている神は存在します。あなた方が故郷のエネルギーを広げているので、あなた方に近づいて来る神は存在します。そして神は近づいてきます。ですから、あなた方が私達に質問する時、「イエスでありノーでもある」というおかしな答えが返ってくるのは、そういうわけです。

あなた方の多くが私達に尋ねます。「最も偉大な天使は誰ですか? そちらのあなた方の側に階級があるのは知っています。最も偉大な天使は誰なんですか? そして親愛なるトバイアス、ちなみに、あなたはどこに当てはまりますか?」(聴衆 笑)「あなたは高い階層の天使ですか、それともただの中位のレベルの天使ですか?」 

親愛なる友たちよ、そのような天使の階級図を作るのは人間です。そんなことをするのはおかしいと私達は思います。とてもおかしなことです。あなた方は、あらゆる階級を考案しています。あなた方は、そのような天使の家系図を作り、そこらから枝を分岐させ、さまざまな天使をたくさん作り、誰が誰を管理するかを決めています。それで、私達は苦笑せずにいられません。

そして、あなた方が作った偉大な天使達の大きな図の一番下に、あなた方は人間を書き込むことがあります…一番下にです。あなた方が誰が最も偉大な天使かを本当に理解したいなら、その図を引っくり返してください。上下逆さまにしてください。あなた方が図の一番上に来ます! あなた方がボスです。私達はここであなた方を支えています。前に言ったように、私達はあなた方の足跡をたどっているのです。

私達は今この質問に答えることができます。しかし、カウルダー…彼は言います。「あなた方はこの場所、このシャーンブラ・ユニヴァーシティが誕生し、建設され、設立されることを望みますか?」 この場の後ろの方にいる私達はみんな「イエス」とうなずいています。なぜなら、私達があなた方の足跡をたどる時、地球に来る時、私達のアセンションのプロセスを体験する時、私達はこのような場所があってほしいと望むからです(聴衆 笑)。私達はあなた方が通り抜けてきたエネルギーと情報をすべて集めたいと思います。私達は喜んであなた方を教師として迎えたいと思います。

ですから、実際にあなた方は天使の中で最も偉大です。だから、私達全員がここであなた方を支えているのです。それ以外に、ここには階級はありません。

アークのオーダー、大天使聖団と呼ばれるものがあります。それは、すべてのエネルギーとすべての天使、あなた方が光と闇と考えるであろうものの統一された意見として創造されました。それらのすべてが、理解の次のレベルに移行するために、このアークのオーダーを創造しました。ご存知のように、はるか昔、宇宙が停止した時、すべてのエネルギーが減速し、そして停止しました。私達は解決策を見つける必要がありました。なぜなら、すべてのエネルギーがグリッドロック(麻痺)状態になっては、誰のためにも、何のためにも使えないからです。

それで、私達が、善人も悪人も、私達全員がこのアークのオーダーと呼ばれるものを創造しました。この中には原型のエネルギーがあります。アークのオーダーには、ガブリエル、ラファエル、アマエル、そして、その他すべてのエネルギーがあります。

しかし、彼らは単一の大天使の存在ではありません。彼らはエネルギーを表現しています。そうです、時々あなた方はラファエルのエネルギーを見たり感じたりするかもしれません。しかし、それは単独の天使ではありません。それは、統合されたエネルギーです。それはあなた方の一部です。それはあなた方の一部です。

私達は次の質問をよく受けます。「天使の中で最も偉大なのは誰ですか? 天上の責任者は誰ですか?」 メタトロンのエネルギーは、あなた方の多くが知っているように、スピリットの右側に座っています。しかし、ご存知のように、メタトロンはあなた方です。メタトロンはスピリットの中のあなた方の声です。メタトロンは、単一のエネルギー、あるいは多層で多次元のエネルギーと考えられます。

私、トバイアスはどこに当てはまるのか? これはおかしな質問です。親愛なる友たちよ、私がここで身につけ、多くの天使やエンティティが身につけていない、ある名誉のバッジがあります。だから私は時々、ちょっとした余分の特別サービスを受けることがあります。私がある時、人間であったということは、ある種の名誉と特徴があることを意味します。そして、そうです、ほかの天使達が私の顔を見、私の話を聞くために遠くから来るのです。

彼らは、人間のプロセスを経たどの天使にも、とても魅了されます。ですから、あなた方がここに戻ったら、多くの名誉があり、多くの天使達が力強いあなた方のサインを求めて、地球に存在したあなた方の物語を聞きたくて、あなた方の周りに集まってくるのです。

こちら側で私達がよく受けるこのほかの質問に、「なぜ戦争があるのですか? なぜ地球上には戦争があるのですか?」というものがあります。これは興味深い質問です。親愛なる友たちよ、私達はあなた方に、戦争は人間が争いを解決するための手段であることを教えます。

私達はずっと前にあなた方に、あなた方の地球上での体験はすべて、ある意味で、あなた方が人間の姿になる前に経験したことの再演であると話しました。あなた方は、宇宙の遠い所での経験を再演しているのです。あなた方は地球に来て、とてもゆっくりしたエネルギーの中で、あなた方が次の行動を意識的に選択する機会のあるエネルギーの中で、それを演じているのです。

あなた方は地球に来るずっと前に、あなた方と別の存在との大戦のような経験、あなた方が互いのエネルギーを喰い尽そうとする経験を宇宙でしたことがあるかもしれません。今、あなた方は地球に来て、何が起きたのかについてもっとよく理解したいと望んでいます。あなた方はそれを再体験したいと望んでいます。しかし、新しい方法、あなた方がそれについて感じることのできる方法を望んでいます。

ですから、あなた方はこの生涯で、そのエンティティに遭遇するかもしれません。今、あなた方はどちらも、人間の姿をしています。あなた方には、一緒に戻って来るという契約のようなものを過去に交しました。それはカルマではありません。それは選択です。それは、はるか昔に起きた何かを再体験する選択です。

だから、あなた方はその人と結婚します(聴衆 笑、リンダとジェフが互いに見つめ合ったので笑い続ける)。そしてそれから、あなた方は彼らとともに、愛とは何か、愛を共有するとはどういうことかを体験します。あなた方は時々意見が食い違います。しかし、今あなた方は、彼らとともに意見の食い違いを処理する新しい方法や、エネルギーの違いに対応する新しい方法を体験します。あなた方は彼らとともに、完全に恋に落ちるということがどういうことかを体験します。

あなた方が人間になる前の経験では、あなた方は自分の心を開いて、彼らのエネルギーがあなた方のエネルギーと混ざるのを許すことなど、考えたこともなかったでしょう。あなた方は、彼らがあなた方を喰い尽くそうとするのではないかと怖れたことでしょう。

しかし、地球で人間として、あなた方は心を開き、ともに恋することができます。あなた方は解決法を学ぶことができます。親愛なる友たちよ、あなた方がここ地球でしているのは、あなた方が過去において経験したことをよりよく理解することです。

「なぜ戦争があるのですか?」とあなた方は尋ねます。理解しようと努力している人々のグループがまだ存在します。だから、彼らは相手と戦います。彼らは、あなた方が発見したように、戦争は何ももたらさないということを発見するでしょう。かつて、一方が他方を支配したり統治したりできたことはありません。

あなた方はそれを、あなた方の地球の歴史の中で見てきました。ある国が別の国を統治しようとする例を見てきました。しかし、数百年後には状況は変わるでしょう。数百年経ったら、あるいはもっと早く、状況は引っくり返って元に戻るでしょう。一つのエネルギーが別のエネルギーを支配することは決してできません。一人の天使が別の天使を所有することは決してできません。

彼らは古い経験を生きているのです。だから私達は「彼らがそれを通り抜けるのを許しなさい」と言うのです。彼らはそれに飽きるでしょう。彼らは、彼ら自身や彼らの国や建物を吹き飛ばすことに飽きるでしょう。彼らは、それに関わるすべてのネガティブなエネルギーに飽きるでしょう。

その時こそ、親愛なる友たちよ、あなた方の仕事が始まる時です。どこかで、どうにかして、彼らはあなた方のところにたどり着くでしょう。彼らはあなた方の元にたどり着いて、言うでしょう。「戦争は何も証明しなかった。私達はこれからどこに行くのだろうか?」と。彼らは互いに支配したり統治したりしようとすることに嫌気が差すでしょう。彼らは、自分がどんなに偉大で力があるかを示そうとすることに嫌気が差すでしょう。彼らは、彼らの声が聞かれてはいないと感じる時、テロ行為に嫌気が差すでしょう。

戦争が起きるのはこういうわけです。だから、私たちはあなた方にそれに敬意を払うようにとお願いするのです。しかしまた、彼らがそれに愛想をつかすだろうということも理解してください。

「親愛なるトバイアス、親愛なるセント・ジャーメイン」、とあなた方は呼びかけます。「私が今、行き詰まりを感じているのはなぜですか? 私はチャネルされたメッセージを読み、たくさんの本を読み、たくさんのワークショップに参加していますが、それでもまだ行き詰まりを感じるのはなぜですか? 私はまだ私の神性とつながることができません」

だから、私達はあなた方、親愛なる友たちに言います。「あなた方は頭で一生懸命に考えすぎます。あなた方は感じ方を忘れています。あなた方は自分に感じることを許していないから行き詰まっているのです。あなた方は頭で理解しようとすることに忙しすぎて、感じ方を忘れたのです」 

だから、私達はあなた方に言います。「あなた方は心を開いていないから、今、行き詰まっているのです」。あなた方は何度か試みました。…あなた方は心を開こうとしましたが、その時…あなた方は怖れていました。あなた方はどうすればいいのかわかりませんでした。あなた方は、感情の洪水、感覚、ヴィジョンを抑えました。あなた方が心の扉を開いた時、さまざまな経験が押し寄せてきて、あなた方はコントロールを失ったように感じました。だから、あなた方は行き詰まりを感じているのです。扉を開いてください。それらの感覚を外に出してあげてください。あなた方自身にもう一度、感じさせてあげてください。

同じような質問で、あなた方は私達に「私が情熱を感じないのはなぜでしょうか?」と尋ねます。何と矛盾した言葉でしょうか…あなた方は全く感じていないのです。それでどうして情熱を感じられるでしょうか?(聴衆 笑) あなた方が自分に、あなた方の本質の最も深いレベルで感じることを許す時、あなた方は情熱を感じるでしょう。

あなた方は頭の中で情熱を創造しようとしています。それではうまく行きません。あなた方は紙に描いて情熱を作り上げようとしています。あなた方は情熱の設計者や建築家になろうとしています。あなた方がそこに情熱を見出すことは決してないでしょう。

情熱、バラの果実は、あなた方の内にいつも存在しています。たった今もそこにあります。あなた方が感じる時、心を開く時、古いやり方を捨てることを自分に許す時、あなた方がマインド(頭)を離れてハートの中に入る時、親愛なる友たちよ、それを手に入れることができます。

「親愛なるトバイアス、親愛なるトバイアス」、とあなた方は書きます。「あなたは、このクリムゾン・サークルの掲示板についてどう思いますか?」(聴衆 笑)。親愛なる友たちよ、これは、私達がよく受ける質問のトップ3に入ります。私達は、あなた方の尋ねるさまざまな質問に、時々笑ってしまいます。あなた方は、この掲示板とあなた方のインターネットシステムについて知りたがります。私達はその様子を見て、笑っています。

二元性を表現するのに、何とすばらしい機会でしょう! あなた方はとてもたくさん学んでいますが、まだこうした葛藤を抱えています。それらは、あなた方の(ウェブサイトの)掲示板に現れます。掲示板では、賢明ですばらしい意見の共有が何度か行われてきました。しかし、やはり、意見の衝突もかなりあります。親愛なる友たちよ、たった今、あなた方には多大なプレッシャーがかかっています。あなた方は ― 何と言うか ― ここで爆発しているのです。

私達は、あなた方の多くが、私達がどう感じているか、この管理人の立場についてどう感じているか知りたがっているのを聞きます(聴衆 笑)。私達は、あなた方がこう言うのを聞きます。「でもトバイアス、あなたはルールはあってはいけないと私達に言います。それでは、なぜ掲示板にはルールがあるのですか? トバイアス、カウルダーに言ってください。けしからん管理人達に言ってください」(さらに笑い)

親愛なる友たちよ、私達はそんなことは言っていません。そんなことは言っていません。私達はこれをあなた方にゆだねます。しかし、私達は、あなた方…そして今笑っているカウルダーに思い出してもらいます。私達があなた方に《ルールを手放す時です》とルールの話をした時、私達はあなた方自身のことを話していたのです。あなた方が、あなた方のために持っているあなた方自身のルールのことです。しかし、あなた方は、あなた方の全エネルギーを外側のルール、ほかのルールにフォーカスしたがっています。

親愛なる友たちよ、ルールは常に存在するでしょう。私達の側でさえ、何らかの物事のあるべき形のための、何らかの条件あるいは取り決めが存在します。私達はそれらをルールあるいは法と呼びません。

あなた方が地球上にいる限り、取り決めやルールはあるでしょう。あなた方が、一時停止のサインを見たら、止まれということです。もしあなた方が一時停止のサインを無視して走り、木にぶつかって事故を起こしても、トバイアスがルールがあってはならないと言ったから一時停止のサインを無視したのだとお巡りさんに言わないでください。違います、親愛なる友たちよ、私達の話したルールとは、あなた方があなた方自身のために作ったルールのことです。

さて、あなた方はあなた方のルールを捨てられますか?…そして、あなた方のエネルギーを調整できますか?…そして、どんなエネルギー的環境に行っても、ドラマを離れて、真の思いやりの場所にいることができますか?…それがインターネットの掲示板であっても…道路を運転中に交通に関する何らかの取り決めに従うことであっても…あなた方の職場で何らかの取り決めや条件を守ることであっても、あなた方はあなた方のルールを捨てられますか?

私達はあなた方シャーンブラを知っています。あなた方はシステムバスターズ(システム破壊者)です。あなた方はルールが大嫌いです。しかし、本当の質問は「あなた方は、どのような環境にも、どのような場所にもいられて、そこでのルールを受け入れるために、あなた方自身のルールを手放すことができますか? あなた方は、レストランや劇場でも、…事務所や家でも…どこにでも行くことができますか?…そして、そのエネルギーの一部である人々がなぜ特定の取り決めを作ったのかを理解し…それでも、あなた方の神聖な空間にいることができますか?」ということです。

たぶん、たぶん、シャーンブラ、どんなエネルギーの中でも、あなた方の覚醒と存在が、それを次のレベルへ移行する手助けをするでしょう。たぶん、特にあなた方が掲示板と呼ぶものについては、たぶん、あなた方は、そこにいてヴァイブレーション(波動)を上げる助けをし、条件をなくすことができるでしょう。

私達はこれについては、どんな意見も持っていません。しかし、私達は二元性を演じきるあなた方を眺め、この場所で私の言葉を曲解するあなた方を眺め、楽しんでいます。そうなんです!(聴衆 笑)

親愛なる友たちよ、私達がよく受ける質問にはこのほか、「私はなぜここにいるのですか? 私は地球で何をしているのですか?」というものもあります。これはいい質問です。これはいい質問です。なぜなら、ある意味で、答は「何もない」であり、「あらゆること」でもあるからです。もしあなた方が今地球を去ったら、あなた方はここに帰ってきたことを歓迎されるでしょう。もしあなた方がここに戻ってきたら、私達にとってすばらしい再会となるでしょう!

あなた方は地球で何をしているのでしょうか? あなた方はすべてのスピリットが新しい理解と新しい知恵に至るのを助けています。あなた方ははるか昔に - でも全然遠い昔ではないのですが - “故郷”を去りました。スピリットに代わって、生得の権利により創造者になり、スピリットの愛を広めに行くためにです。あなた方が地球にいるのはそのためです。とても単純なことです。あなた方は《大いなるすべて》の代わりに生き、瞬間を経験し、瞬間に創造するためにここにいるのです。

そして最後に、親愛なる友たちよ、あなた方は私達に尋ねます。「愛とは何ですか? 愛とは何ですか?」。その質問の答えは簡単です。愛はすべてを受け入れることです。私達があなた方に、スピリットはあなた方を無条件に愛しますと言う時、それはスピリットはあなた方に関するすべてを愛し、あなた方の存在のすべて、そしてあなた方の過去の存在のすべてを受け入れるという意味です。愛とはすべてを受け入れることです。そんな簡単なことなのです。

愛は思いやりです。思いやりは受容です。思いやりは、外見がどうであろうと関係なく、すべてが適切であるという知恵と理解です。

愛は表現でもあります。愛はそれ自身をすべてのレベルで共有することを望みます。愛は内側を見ます。それはまた、外側に表現します。あなた方が故郷である王国の快適な場所を離れた時、あなた方が去る原因となったのは、この愛を表現するという願いでした。愛は受容と喜びの表現です。

さて、これらは私達がこれまでに受け、今日、あなた方に話したかった、たくさんの質問のうちのほんの一部です。私達は将来、こうした質問についてもっとお話しするつもりです。何と言うか ― いつでも自由に私達とつながってください。

ですが、今度はあなた方の話を聞きたいと思います。私達はあなた方シャーンブラに、私達がシャウドと呼ぶこのすばらしい場、あなた方が話し、私達が聞く時間の中で、あなた方のエネルギーすべてを一つにつなげてほしいと思います。それでは、私達はここで少し時間を取って、エネルギーを調整します。次にあなた方が聞くのは、シャウドの中のあなた方の声です。

(カウルダーがトバイアスのチャネリングからシャーンブラのチャネリングに切り替える間、小休止)

シャウド:私達はシャーンブラです。私達はファミリーです。私達は一つの声であり、この世界中からの、そして全創造からの、たくさんの声です。私達は、ここに私達が集まる月に一度だけでなく、頻繁にこのようにつながり、シャウドの中で集っています。私達は頻繁に互いにつながっているのです。

私達は過去にたびたび一緒に過ごしているので、私達が初めて出会っても、それは単なる再会にすぎません。シャーンブラとして、私達の人生では今、たくさんの活動が行われています。とても多くの変化が、私達のかかわっているこの惑星中で起きています。シャーンブラとして、私達は、人間としてここに存在することの、新しいエネルギーの中に移行していくことの、真の喜びと興奮を感じ始めています。

シャーンブラとして、私達は過去の古い荷物の多くが私達から去るのを感じています。私達は、重荷が肩から外れ、私達の生体から去るのを感じています。

シャーンブラとして、私達は、私達がいるこの瞬間にワクワクします。私達は、私達がともに創造できるすべてにワクワクします。少しずつ、一歩ずつ、過去の困難な時代、私達がアセンションの道を歩いていたあの日々が、後ろに遠ざかっていくようです。私達は新しい理解と覚醒を得ています。私達は、これまで以上に多くを互いに共有し合っています。

私達シャーンブラが最近、発見したことがあります。これはトバイアスやメタトロンやセント・ジャーメインやその他の天使達から来たのではありません。私達が発見したのです。私達は、私達の人生の中で、少しだけそれを体験してきました。そして私達は、私達はここで今、私達が理解したことをお話しします。

私達が王国を去った時に戻りましょう。私達が故郷を去り、火の壁を通り抜け、そして初めて私達個人のアイデンティティを感じた時に戻りましょう。その時、私達はパワーを感じ始めました。私達が星や銀河や惑星を創造しに行けそうなパワーを感じ始めました。私達はこれらを何もないところから創造することができました。ご存知のように、私達は虚空の中にいました。そこには何もありませんでした。

私達は、私達がこれらの偉大なものすべてを創造できるほどに、私達の中から力強いパワーが沸き起こり、表現が沸いてくるのを感じました。私達が別のエンティティ、別の天使に出会った時、私達はパワーを感じました。その時私達は互いにエネルギーをぶつけ合うことができました。私達は戦って、誰が最も力があり、誰が最強で、誰が一番かを確かめることもできました。私達はその時、創造と破壊のためのとてつもないパワーを持っていました。しかし、ある意味で、それは本当はある状態から別の状態への単なるエネルギーの変容にすぎませんでした。

そのパワーには中毒性がありました。パワーは爽快でした。それで、私達はそれをもっと欲しがりました。これは、故郷の外で私達自身のアイデンティティを体験する私達のやり方の一つ ― パワーを感じ、もっとパワーを手にし、そしてそれを使うこと ― だったのです。

しかし、ある時、宇宙のすべてのエネルギーが減速し始め、停止しました。私達がどんなにパワーを持っていると思っていても、何かが私達の全エネルギーをグリッドロック(麻痺)状態にしました。

この時、解決策を見つけるために、そして私達のエネルギーをもう一度自由にするために、アークのオーダーが創造されました。

私達シャーンブラは、その時点で、地球に来る選択をし、人間の姿になりました。私達が下降し、ヴァイブレーション(波動)を下げ、質量を持った時、私達はあることを発見しました。私達はパワーを持たないことがどういうことかを発見しました。人間として、私達には大したものは創造できないと感じること、私達の魔法のすべてが、薄い空気の中から創造する、宇宙を創造する私達の能力のすべてが奪われてしまったと感じることがどんなことかを発見しました。パワーを持たないことの意味を学ぶことは私達にとって全くショックなことでした。

このような経験を経て元の場所に戻るために、地球と呼ばれる、他にないこの奇妙な場所で私達のパワーを再発見しようとして、いくつもの生涯が費やされてきました。私達はどうしたらパワフルな天使やパワフルな存在になれるのでしょうか? 私達はどうやって、ただそれを思ったり、望んだりするだけで、私達の目の前で即座に何かを実現することができるのでしょうか?

だから、私達は、パワーを求めて、パワーを取り戻すことを求めて、しかし、全くパワーを持たずにこんなおかしな体で歩きながら、この真の二元性の旅を続けてきました…時には、仕事を捜したり、食べ物を手に入れたり、私達が人生で不足しているものを創造することさえ困難な日々もありました。

私達は、地球に来る前の、簡単に星を創造し、簡単に新しいタイプの生命体を創造できた時のことを、深いレベルで憶えています。そしてこれが、私達がとても長い間感じてきたジレンマなのです。

今、新しいエネルギーがやって来ます。今、私達の気づきが始まります。そして今、パワーは存在しないという理解が訪れます。それは過去にも存在しませんでした。それは幻想だったのです。パワーの幻想…私達はそれを発見するために、こんなに長い旅をしてこんなに遠くまで来なければなりませんでした。私達は、ある地点で私達がパワーと思ったものを持つ必要がありました。それから、地球に来た時に、そのパワーをすべて失って、パワーは存在しなかったという理解に至る必要がありました。

エネルギーが存在します。そして、私達はそのエネルギーを私達が望むあらゆるものにすることができます。しかし、このパワーという概念は一切存在しません。それは幻想でした。私達は私達自身の人生の中で、パワーを求めて苦しんできました。しかし、それでも、それは幻想です。これ以上苦しむことはありません。

エネルギーがあるだけです。それは、どれほどたくさん持てるとかコントロールできるとかいったやり方では計れません。それは、私達がパワーについて考えたことです。エネルギーが存在します。それは、私達が仕事に使うためのものです。ほかの人々に対して利用したり、私達が過去にしてきたように集めて貯えたり、私達のほうが偉大であることを人々に示すために使うべきものではありません。

パワーは存在しません。シャーンブラよ。それは幻想でした。あるのはエネルギーだけでした。愛と表現だけがありました。私達の頭がたった今その意味を理解しようとしているとしても、私達には自分の言っていることの意味がわかっています。私達は自分の言っていることの意味がわかります。パワーは幻想だということです。

私達は、パワフルな存在であるということに関して私達が持っていたすべての概念を手放すことができます。もうそれらは必要ありません。And so it is.(そしてそういうことなのです。)

(カウルダーがトバイアスにシフトする間の小休止)

トバイアス:さて、私、トバイアスと親愛なるセント・ジャーメインはここに戻ります。私達はあなた方が話したことを愛します。私達はあなた方が理解したことを愛します。

私達がさきほど、あなた方シャーンブラの意識につながり、今日あなた方が何を話そうとしているのかを調べた時、初めのうち私達は当惑しました。私達はあなた方からあることを知りました。あなた方は、私達の側では…私達が何でも知っていると考えるので、あなた方が理解するのは困難です。あなた方は、スピリットは何でも知っていると考えます。しかし、親愛なる友たちよ、必ずしもそうではないのです。時にはあなた方が先に発見することもあります。あなた方が先に覚醒に至ることもあります。時にはあなた方は私達を驚かせます。

私達があなた方のことを調べて、あなた方が理解した内容を知った時、親愛なる友たちよ、私達はその情報を私達の側の他の者達に持ち帰りました。私達は「人間達が何を理解したか当ててごらんなさい」と言いました(聴衆 笑)。彼らは「何だい?」と聞きました。それで私達は、「人間達は、今日、パワーについて話そうとしている」と答えました。すると、他の天使達はうなずいて、「そうだ、パワーはすばらしい」と言いました。そこで私達は言いました。「違う、違う、わかっていないね。人間の天使達は、パワーは幻想だという理解に至ったのだ」

そして、ヴェールの私達の側にいる天使達は泣き崩れました。それは彼らにとって新しい情報だったのです。彼らはそれをあなた方を通して理解しました。それは、私達がここですることの多くの側面を変えました。あなた方の多くが、このことに混乱しているのを私達は知っています。あなた方は理解するでしょう。しかし、親愛なる友たちよ、私達は教師であるあなた方にお祝いを述べ、敬意を表します。

私達はあなた方を愛しています。あなた方は決して一人ではありません。私達がともに旅を続けられますように。

And so it is!(そしてそういうことなのです!)


translator : Kuniko / checker : NA
(2005年10月29日一部訳修正)


---------------------------------------------------------

クリムゾン・カウンシルのトバイアスは、コロラド州ゴールデンのジェフリー・ホップにより提供されています。聖書のトビト記からのトバイアスの物語はクリムゾン・サークルのウェブサイトwww.crimsoncircle.comで見ることができます。トバイアスの資料は、世界中のライトワーカーとシャーンブラ達に、1999年8月(トバイアスが人類は破壊の可能性を脱して新しいエネルギーに入ったと話した時)以来、無償で提供されています。

クリムゾン・サークルは、新しいエネルギーに入る最初の人々に含まれる人間の天使の世界的なネットワークです。彼らがアセンション状態の喜びと挑戦を経験するに従い、彼らは他の人々の旅をシェアリングと世話とガイドによって支援します。毎月、7万人を越える訪問者がクリムゾン・サークル・ウェブサイトを訪れ、最新の資料を読み、自らの経験をディスカッションしています。

クリムゾン・サークルはコロラド州デンバー地域で毎月集まりがあり、そこでトバイアスはジェフリー・ホップを通して、最新の情報を提供します。トバイアスは、彼と天界のクリムゾン・カウンシルの他の存在達は実際には人間達をチャネルしていると述べています。トバイアスによれば、内側でそれを経験しながら、それを外側から見られるように、私達のエネルギーを読み、私達自身の情報を翻訳して私達に戻しています。クリムゾン・サークルの集会は一般に公開されていますが、予約をしていただいたほうがいいです。クリムゾン・サークルはその豊かさを世界中のシャーンブラの開かれた愛とギフトを通して受け取ります。

クリムゾン・サークルの究極の目的は、内なるスピリチュアルな目覚めの道のりを歩む人々に、人間のガイド、教師として奉仕をすることです。これは福音伝道の任務ではありません。むしろ内なる光は、人々をあなたの思いやりと世話を求め、あなたのドアステップに案内するのです。“剣の橋”の旅に船出しようとする比類なき、尊い人があなたのところにやって来る時、あなたはその瞬間に何をし、教えるべきかわかるでしょう。

もし、あなたがこれを読んでいて、真実と繋がりの感覚を感じるのなら、あなたは本当にシャーンブラです。あなたは教師であり、人間のガイドです。神性の種を、この瞬間に、あなたの内で花開かせ、そしていつもやって来させてください。あなたは決して一人きりではありません。世界中にファミリーがいて、あなたの周りの領域にも天使達がいるからです。

どうぞ、このテキストを非商業ベース、無償ベースで自由に配布してください。どうか情報は完全に含めるとともに、これらの脚注も含めてください。他のすべての利用については、コロラド州ゴールデンのジェフリー・ホップによる書面の同意が必要になります。

コピーライト2003 ジェフリー・ホップ コロラド州ゴールデン80403 私書箱7328 Eメール  Tobias@crimsoncircle.com このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください  著作権所有 クリムゾン・サークルについてのより詳しい情報は email@crimsoncircle.com このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください までメールください。


スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。