FC2ブログ

自由への選択

Creator(創造者)シリーズ レッスン7 Q&A

クリエーター・シリーズ レッスン7
「大きく描いて創造して下さい」質疑応答
クリムゾン・サークル 2001年2月10日
---------------------------------------------------------

トバイアス: さて、このように、今日のこのサークルのエネルギーと共に、続けていくことにします。あなた方の質問にお答えする時は、私たちが大好きな時間の一つです。何度もあなた方に述べたように、私たちにも答えがわからないこともあるのです。あなた方自身が新しいエネルギーにおいては先駆者であるために、解決法がまだできあがっていないためです。だから私たちは、あなた方と、あなた方の神性と、そしてヴェールの向こう側にいる者たちと共に、答えを創り出すべく努めているのです。私たちの知るところでは、今この瞬間、シャーンブラの中において変化するエネルギーが起こっています。このことについてしばらくお話をしましょう。
前に「祈り」についてお話ししたことがあります。私たちは一部のライトワーカーたちを怒らせてしまったのです!(クスクス笑) ここで申し上げておきたいのは、そして特に強調しておきたいのは、私たちは決して祈りそのものを咎めているのではないのです。祈りがこれまで、あるいはこれからも、不適切であるなどと言っているのではありません。単に、あなた方は自分のエネルギーを変化させ、創造する方法、外側の世界に影響を与える方法を変えつつあると言っているのです。祈りはこれまであなた方にとっては力強い道具でした。そのおかげであなた方はエネルギーの焦点をもたらし、自らの意図を固め、そして真に自分の道を知ることができたのです。あなた方が心から他の人々への愛をこめて祈るとき、その人々がそのエネルギーを使うことを選んだなら、その祈りは確かに影響を与えたのです。

あなた方が新しいエネルギーの深みへと入ってゆくと、成果を求めての祈りは必要がなくなるでしょう。それはただ現れてくるでしょう。これは少し理解しにくいかもしれません。調和と平和にみちた場所へ歩み入り、大きな絵筆を使って創造するとき、あなた方はそこに「存在する」だけで自らを顕現させることになるでしょう。そして、その属性を、他の人々にも ― もし彼らがそれを用いることを選んだなら - もたらすでしょう。祈りの外に向けた表現は必要なくなります。それはただ現れてくるのです。なぜならあなた方がそこにいるからです。これを理解するには少し骨が折れますね。

あなた方は、あるエネルギーの力学が適切であることを理解し始めています。もし他の人間が病を、あるいは豊かさの問題を抱えているなら、それはその人の本質が選んでいるということを、理解してください。このことを尊重し、了知している空間に身を置いていてください。そして、彼らがあなた方を教師として案内を求めてきたならば、そのときこそ、真に彼らへの支援を始めてもよいときなのです。

中には、他の人々のために祈ってはいるものの、そのエネルギーが不適切である人もいます。彼らは他の人々があまり悪くならないように、そして正気を取り戻すようにと祈っているのです!(聴衆 笑) 彼らは他の人々があまり道を誤らぬようにと祈っています。友であるみなさん、あなた方はシャーンブラとして他の人々がどこにいようともそれを尊重することを学びつつあります。あなた方は自分自身の内側のバランスを創り出すことを学んでいます。そしてそのことが、物事の外側への現れ方を変えているのです。

インドと呼ばれる場所でごく最近起こった大地の揺れでさえ、適切に起こっているのです。ガイア(地球)がこれらの活動を止めるよう祈るのは適切なことではないでしょう。なぜならこれらのことは必要だからです。まさにあなた方と同様に、ガイアも古いエネルギーを捨て去ろうとしています。ただガイアを愛してください。自分自身、ただのバランスの場所の中にいてください。そして神性の場所の中に身を置いてください。そうすればガイアもまたそうするでしょう。今回の事で、インドの地より「旅立った」人間たちはそうすることを選んだのです。あなた方がこのことを尊重しないということは、彼らの進む道をも尊重しないということです。これは困難で苦痛に見えるかもしれませんが、最近越え渡って(死んで)いった者たちはすべて、あなた方にただ彼らをたたえてほしいと願っています。もしあなた方が悲しみと共に祈ったなら、あなた方は悲痛と悲哀、そして絶望のエネルギーを送ることになるのです。そしてそれを彼らも受け取ります。しかし彼らはそのようなものはあまり受け取りたくないのです。かわりに彼らが望むのは、あなた方の敬意と受容のエネルギーなのです。

シャーンブラとして、あなた方は「祈る必要がある」ことを超えて進んでいます。祈りというものが意味するのは、バランスがとれず物事が適切に進んでいないということなのです。シャーンブラとして、みなさんはすべての物事は適切に存在しているということを理解するでしょう。新しいエネルギーのバランスを状況の中へ持ち込むことを選ぶなら、ただ存在していてください。ただ自分の身をその状況の中に置いてください。悲しみと苦悩を感じるかわりに、ただあなた方のエネルギーをその状況の中に注ぎこんでください。あなた方の新しいバランスは、それを使うことを選ぶ人が使えるようになるでしょう。

シャーンブラのみなさん、この新しいエネルギーの中において、古いあり方からの変化は数多くあります。その変化は、今も、そしてこれからもずっと、数多く起こるでしょう。「祈りか、ただ在ることか」という問題はほんの一つなのです。

ではこのあたりで、今夜の質問を始めることにしましょう。


質問1: トバイアス、人間の心配の4つの領域(豊かさ、人間関係、健康、自己価値)はとても広いものです。別の大きな一筆を描く前には、一定の期間待たなければいけないのでしょうか、それとも一晩で描けるものなのでしょうか?

トバイアス: 友であるみなさん、今こそあなた方の新しい家の波動(vibration)と歌に耳を傾けるときです。この質問にはあなた方が自分で答えを出してみましょう!もしそれが大混乱であるなら、あるいは適切であるなら、あるいは次の創造までの間が長すぎるなら、あなた方はそう感じるでしょう。あなた方に問いかけることで、さらにもっとお答えしていきましょう。「それはあなた方にはどのように感じられますか?」。

この質問に一般的な答えを出すことはできません。なぜなら、あなた方一人一人に、特有で、他とは異なる、個々の答えがあるからです。中には、まさに今夜のうちにそれぞれの領域で大きな一筆を描くのが適切だと感じる人もいるでしょう。しかし中には、大きな一筆で描いた後で待ち、感じ、そして自分の「新しい家」の外で何が起こるか見極めることを選ぶ人もいるでしょう。彼らは何日か、あるいは何週間か待つかもしれません。(笑) しかし、今この場に座っているみなさんは、きっと今夜動き出すでしょう!


質問2: トバイアス、「自己」と「ハイアーセルフ(高次の自己)」、そして「真の自己」との関係とはどのようなものでしょうか? 私はこの2つの言葉が同じものであるとずっと思っていました。どのような意見でも結構です。

トバイアス: 親愛なる友よ、あなたは自分の「ハイアーセルフ」と「神聖な自己」、そして「真の自己」をあなたの家の外に出しました。これらのものは今、再び家の中に入りたいと思っています。いずれも、まったく同じものです。前に述べたように、あなたは自分の家のある一室にだけいます。他にも部屋はたくさんあるのにです。一つ屋根の下にあるこれらのたくさんの部屋は、あなたが「真の自己」と呼ぶであろうものです。他のたくさんの部屋に対しても、自らを開き始めてください。それはすべて、あなたの内にあるのです。あなたは何かの存在が外にいると思っていますね。大きな黄金の天使が、あなたの外側にいると。しかし、あなたの神性は最小のレベルであなたの内側にあり、そこから成長してゆくのです。外からあなたの家のドアを叩きにやってくるのではないのです。あなたの本質の内側から輝きを放つのです。あなたはこれまで、自分自身と、あなたの神性、そして「スピリット(大いなる霊)」を分かち隔ててきました。しかし、それも終わりを告げなければなりません。あなたの家の内側で、これらを一つにまとめてください。


質問3: トバイアス、私たちの旅路は一人一人少しずつ異なったものですが、それを踏まえた上で、私は自分の成長においてアセンションを助けるために何ができるでしょうか?

トバイアス: まず、自らの「新しい家」でもっと時間を過ごすことです。「新しい家」とは大いなるあなた方(All That You Are)を表す比喩です。中からは歌も、音色も、ハーモニー(唱和)も聞こえてきます。あなたはこれまで家の外の通りを歩き回り、見回し、探し回っていました。そしてハイウエーや裏通りを通って、町から町へと旅し、このような自分自身の一部分を探し求めてきました。今こそ内側にこれをもたらしてください。そしてその波動に耳を傾けなさい。そうすればあなたはこの自らの質問にどう答えればいいかわかるでしょう。そして、新たな認識に達するでしょう。

また、創造活動をよりダイナミックな形で表現する波動も存在します。それは「推進の」波動です。あなたが創造し、大きな一筆を描くとき、波動が生じます。これを人間の波動と音声のスペクトルで定義してみましょう。(小休止)それはエ・ラ・トーン(EH-LA-TONE)に似ています。(この響きを正確に伝えようと苦心しながら)それはエ・ラ・トーンの波動なのです。エ・ラ・トーン。この波動の質は創造の過程をより強固なものにします。あなた方の大きな一筆にエ・ラ・トーンの波動を加えてください。それによりあなた方の一筆が推し進められ、さらなる動力が加えられるのです。これは創造のエネルギーを働かせ始めるのに役立ちます。この波動はさらなる力を与えてくれるのです。この波動と共に作業を進めてください。これはあなた方の創造に「!」マークを打つようなものです。

さて、あなたの質問に戻ります。ただ聞いてください。あなたの「新しい家」の歌があなたに何を語りかけているかをただ聞いてください。あなたは適切に導かれるでしょう。そして、恐れることなく、大きな絵筆をとり、最初の一筆を成し、その過程を始めてください。


質問4: トバイアス、大きく声を発し、言葉を発することは - 意図し、望み、あるいは単に意思の疎通を図るという点では - 考えることや、自分のハイアーセルフやガイド、導く者、神、サナンダなどといった存在に、内なる語りかけをするのと比べてより強力で効果的なのでしょうか?

トバイアス: あなたは話すことも、マインド(心)の思考をも超越してゆくでしょう。それは「ワン・チャクラ」の領域からくるものです。大きな「声を発する」という行為の大部分はマインド(心)に起因するものです。あなたはあまりに多すぎる制約を課せられており、そしてあなたの精神活動もあまりに多すぎます。スピリット(大いなる霊)はあなたが声を発していてもいなくても、あなたの言葉を聞いていますよ。あなたはときどき非常に厳しく統制される傾向があります。あなたの発する言葉の中でさえもです。あなた方の中には、スピリットと言葉を交わすために一言一句言い直す人が多くいます。神があなた方の言葉をたぶん正しく聞き取ってくれなかったと思っているからです。しかし発する言葉の問題ではないのです。それはあなたがたの「ワン・チャクラ」にて生じ、あなた方から発せられる波動の問題なのです。それはシンプルな表現です。これがあなたの現実を真に創り出しているのです。


質問5: トバイアスとファミリーのみなさん、私はすべてのことを正しく行っているのでしょうか? それともどこかの部分では調整をしなければならないでしょうか? ここではいささか寂しい思いをしています。私には子供がいますが、私の人生の中で同じ理解をしてくれる人は、私の考えや気持ちを共有し、話し合ってくれる人はまだいません。

トバイアス: 私たちはこの質問のもつエネルギーに目を向けています。(小休止)あなたは変化を確かに経験し続けていくでしょう。これは調整だとか、正しいことを行っているかどうかとか、そういった問題ではないのです。あなたは変化や勢い(モーメンタム)を感じ続けていくでしょう。しかしそれを「正しいことをしていない」ことなのだと考えてはいけません。あなたは本当に正しい道にいるのです。あなたは真に正しい道をすでに歩んでいるのです。

多くのライトワーカーたちが、彼ら自身のエネルギーレベルを再充電するのに必要な内省のため、孤独な時間を過ごすことを選びます。新しいエネルギーの中へ深く入り、外に向けた創造の第一歩を学ぶとき - つまり大きな一筆による前向きの創造ということですが - このことをあなたの人間関係の領域にもあてはめてみてください。あなたが知り合うのにふさわしい人たちが、それからあなたに引き寄せられてくるということを知っておいてください。彼らはあなたの家のドアを叩きにくるでしょう。そして、よいですか、常にシャーンブラのみなさんがいて、常につながりを求めているのです。あなた方のローカルなサークルが、大きくなっているのが見えます。そして、インターネット通信もすべてのみなさんを一緒に結び付けているのが見えます。これらの手段を用いてシャーンブラとつながってください。みな、あなたと同じような経験と思考を分かち合ってくれますよ。


質問6: 1年ほど前に、兄弟がプラットフォームから30フィートぐらい下に落ちて、骨盤やいくつかの脊椎骨を折ってしまいました。体の方はもう治っているのですが、彼はエーテル体が傷つき、さらに手首に手術をしたことによって、2人の異星人が肉体に侵入したと信じています。それだけでなく、今もエイリアンの寄生虫がエーテル体を攻撃していると感じています。昨年、彼はこの状態のことで何人ものヒーラー(治療師)に会い、さまざまなヒーリングを受けてきましたが、これまでよい成果は得られませんでした。このケースについて起こっていることについて説明してください。そして、彼をこの状態から救い出すためにどのような手立てをとればいいか、教えてください。

トバイアス: 親愛なる友よ、この事故は、遠い昔に遡る古い問題をゆすり、振り動かして解き放つ手段となったのです。この落下事故は、文字通りそれらのものを表面化させました。さて、今あなたは古い問題が表面化しているという状況に接しています。これらを直視し、賛美し、そして癒すときが来たからです。それを異星人の仕業にしてしまうのは、あなた自身の力を放棄することに他なりません。つまり、今夜私たちが先程まさに述べたものに力を与えるということなのです。それは「嘘」に力を与えるということです。あなたに及ぼす力を持っていない何かに、力を与えるということです。そしてまた、このような疑問もあります。どうして異星人は体内に侵入してそのような形で生息しようとするのでしょうか?他に行くところはいくらでもあるでしょうに! たとえば果物のなる木ならずっと暮らしやすいでしょう。(聴衆 笑)

昔から続く古い不均衡の多くは、あなたがそれを愛し、敬意を払い、賛美するために今、現れてきているのです。そうすればそれらは去り、あなたが不均衡に悩まされることはありません。しかし、それでもまだ異星人に生命を乗っ取られていると信じ続けるのなら、私たちはあなたが自分のゲームを喜んで座って見ていることにします。


質問7: トバイアス、先月私は連邦刑務所の囚人たちに、2000年12月にあったトバイアスのチャネリングのビデオを見せました。(近い将来、クリムゾン・サークルの集いを刑務所で行おうという計画がある)囚人の一人が、こんな質問をしました。「トバイアスはどうしてここに来て俺たちと一緒にいようと考えてるんだ? 哀れなとんまを可哀想に思って来るのか? それとも面倒でもみてくれるのか? どうしてこんなところへ来たいんだ?」

この囚人は話しているうちにすっかり興奮してしまいました。そして、彼のオーラ・フィールドの中に鈍いマスタードイエローと鈍い茶色の閃光が走るのが見えました。何かが背信の問題を生み出し、そのせいで彼は甚大な苦痛を負い、そして投獄されることになったようです。彼や、他の囚人たちにメッセージはありますか?

トバイアス: 親愛なる友よ、これは実に的を得た質問です!様々な感情を呼び起こす物語を紹介しましょう。(小休止)私、トバイアスは、はるか昔の過去生において、獄中で死を迎えました。その頃の私は土地や財産の所有者でした。それは私がトバイアスの名で生きていたとき、みなさんの聖書からはじきだされたときの話ではありません。(聴衆 笑) それは後で経験した生涯なのです。私には土地がありました。そこには権力のある人がいて、私の土地にとても執心していました。彼は私を投獄する方法を思いつきました。私は当時中年で家族もいました。しかし私は死ぬまで投獄されたのです。

そのとき、私はこのことに強い怒りを感じました。スピリットに裏切られたような気さえしました。一体どうして、人間として自らこのような結果をつくりだしてしまったのか、理解が出来ませんでした。しかしこれは自分にとって過去生の中で最も意義のあるものの一つでした。牢獄は、静寂と内省の時、そしてスピリットと真につながる時になったのです。最初は怒りに燃え、裏切られたと感じていましたが、その後私は自分の内側にスピリットと神がいることを悟るようになりました。私は不幸な人間として死を迎えたのでも、怒りのうちに死を迎えたのでもありません。私は新たな認識と悟りに達して、死出の旅路についたのです。そのときの生涯において、私は過去に自ら設けてしまったすべての障害物から、文字通りの意味でも、比喩的な意味でも、自らを解放する道を選んだのです。

これらのメッセージをもたらしているのは私が息子と呼ぶカウルダー(ジェフリー・ホップ)ですが、彼もまた獄中にいたことがあります。それほど昔のことではありません。しかし現在の生涯においてではありません。・・・ありがとう。(クスクス笑) 彼がそのことにもふれてほしいと頼んでいます。(聴衆 笑) さて、それはそれほど遠い過去の生涯のことではありませんが、ある過去生において、彼はかなり無茶なことをしでかしたためにしばらく投獄の憂き目を見ることになりました。私たちがそんなことをして欲しくないと彼は思っています。(聴衆 笑) その間、彼は人間のおかれた状態と力のレベルについて、いくばくかの真実を悟るに至ったのです。彼はこの世に不公正があることを悟りるようになりました。このことは彼にとっては高い椅子から数段下へ叩き落されるような衝撃となりました。

囚われて投獄されたように感じている人、自分に価値がないと感じている人、希望がないように感じている人への道を見つけることは、このクリムゾン・サークルのエネルギーにとってはふさわしいことなのです。なぜなら、このサークルのエネルギーは、希望と真実、そして愛についてのものだからです。

囚人と呼ばれる人々に語りかけるのに、それほど多くの言葉は必要ではないでしょう。私たちは彼らと共に座り、そしてエネルギーの動きを感じるよう伝えます。もし、彼らが自らの本質を開こうと望むなら、私たちは刑務所で彼らと集うときに、最も深遠なるレベルへと入ってゆき、「あなた方を心から愛しています」「あなた方はファミリーだということを知っています」「あなた方は自らの魂の故にここにいることを知っています」「私たちはしばらくの間、最も深い慈愛の中であなた方と一緒に座ります。私たちもそこにいたことがあるのですから」と語りかけるでしょう。


質問8: トバイアス、私はクライオンがニュートラル・インプラントの獲得と呼んでいるものの後にやってきた平和と平静が懐かしくてしかたありません。どうも私はしばしば、ずっと平和な気持ちではいられないように思えるのです。道に迷ったように感じるのです。

トバイアス: あなたと、そしてシャーンブラである人すべてが、今多くの変化の時を経験しています。そして、このときに多くの調整が行われます。バランスがとれたと感じる時間も、長くなってゆくでしょう。これからの人生において、静かな時を得るのは難しいでしょう。しかし、平和に満ちたバランス、そう、平和に満ちたバランスなら、ふさわしいものとなるでしょう。あなた方は物事の作用の仕方についての、より深い理解を得るようになるでしょう。二元性との戦いではなく、愛のバランスの中に自分がいると、感じるようになるでしょう。このような日々の後、あなた方は皆とても活動的になるでしょう。あなた方が参加するよう求められている、たくさんの変化と活動(movement)のエネルギーがあるのです。あなた方は傍観者ではなく、創造者としての自分自身を見出すでしょう。だからこそ、私たちは皆ここにいるのですよ。


質問9: トバイアス、私は人生の目的を仕事を通して果たすと決めたのですが、経済的問題が切迫しているのです。この状況でうまくやっていくために一番に学ばなければならないことは何でしょうか?

トバイアス: あなたの新しい家に入ってください。そして大いなる絵筆を取り、バランスの取れた豊かさの大きな一筆を創り出してください。そうすれば今いる道から抜け出せるでしょう。あなたの神性が入ってきて、あなたに必要なものをもたらすようにさせてください。

あなたは精神(マインド)の中でとても長い時間をすごしています。そう、とても長い時間を。それは過去の経験が原因でそうなっているのです。古いエネルギーにおいては、あなたは個々の瞬間をそれぞれ創らなければなりませんでした。そして二元性の闘争に頭を悩ませ、自分自身の周りに壁を作らなければなりませんでした。しかし今、あなたは新しいエネルギーの中へと移行しつつあります。「大きな一筆」を使うレッスンは、単純なものです。そして、それは新しいエネルギーの中で創造を行うための第一歩なのです。大きな一筆を描いて創造してください。そして、創造したものに、それ自身のバランスを見つけさせてください。ひょっとしたら、これは仕事を変えることを意味するでしょう。あるいは、新しい道を行くということかもしれません。そしてそれはすべて、過程の一部なのです。あなたにはこう言うのが一番でしょう。大きな一筆で創造を成したら、ただ脇に寄っていてください。ふさわしい財源が、あなたのところへやってきてドアを叩くでしょう。


質問10: トバイアス、「恐怖と並んで座る」にはどうすればよいか、もう一度説明してください。

トバイアス: 親愛なる友のみなさん、あなた方はこれまで恐怖が訪れたとき、それを迎え撃つのに慣れてきました。それを敵対するエネルギーとみなすのが、あなた方の自然な反応だったのです。なるほど、恐怖が訪れれば、慌てふためき、不安にも襲われるでしょう。しかしこれらはみな適切かつ自然なエネルギーなのです。今も、そしてこれからしばらくの間も。あなたが恐ろしい状況に直面して不安に襲われたら、恐怖を迎え撃つのではく - それは恐怖を増強するだけですから - 恐怖と並んで座るようにしてください。

自然な反応として、あなた方は悩み、我を失い、そして何か外側での活動をしなければならないと感じます。あなた方は恐怖に対して何か対抗策を講じなければと考えます。ただ恐怖と並んで座り、ただその恐怖を見つめてください。なぜ恐怖があなた方の人生の中にあるのか、そして恐怖は今こそ解放されたいのかどうか、問いかけてみてください。たぶん、恐怖はあなたの人生から去ろうと待っているはずです。あなたがもうそれを選ぶことがなければ、それはもはや現実ではないということを理解してください。

以前すでに、あなた方が「異星人(エイリアン)」と呼ぶものについて、お話ししました。これこそ、根拠の無い恐怖のよい例です。「異星人」たちに、あなた方を支配する力を与えてしまったら、さらに増殖してゆくでしょう。「異星人」たちは、アセンドしたところ、高くて強大なところからやってきたと名乗り、あなた方は下僕で、実験なのだと言うでしょう。そして、あなた方が過去に大きな過ちをいくつも犯していると告げるでしょう。これらの「異星人」、すなわちこれらの「嘘」は、あなた方に答えをもたらすためにここにやってきたと言うでしょう。しかし、もしそれが本当なら、なぜ彼らは地上に降り立ち、皆の前に姿を現さないのでしょうか?なぜ彼らは、あなた方の政府や、あるいはライトワーカーたちと共に働かなかったのでしょうか?それはできないからなのです!彼らはここに来ることができないのです - 彼らは、あなた方の現実へと越え渡ってきている過去の諸相(aspects)なのです。彼らはあなた方の力を奪うために、嘘を言うでしょう。

恐怖についても、同じことが言えます。恐怖があなた方に嘘をささやきます。自分たちこそが真実なのだと。親愛なる友のみなさん、あなた方にはこの簡単なツールをお教えしましょう。恐怖が訪れたら、絵筆をとり、恐怖を塗りつぶしてしまえばよいのです!(聴衆 笑、拍手)


質問11: トバイアス、完結した契約と、引き続き存在する習慣との違いについて、コメントをお願いします。

トバイアス: これらの言葉に心を動かされた人は皆、自分の契約が完結しているのです! しがみつき続けようとする残留エネルギーがあるのです。これらは、とても面白いものです。これらは、私たちがこちら側で研究の対象にしているものです。ドアを通って別の部屋へ移動したのに、どうして古いエネルギーが一緒についてくるのでしょうか?あなた方を通して、見えてきたことがあります。それは、私たちがあなた方の「新しい家」の「内なる部屋」と呼ぶもの、その静かな部屋の中で長く滞在し、これらの古いエネルギーがそれ自身のコースを走っていくのに任せていると、移行がスムーズに進むということです。古い習慣のエネルギー構造を手放すのはあまりたやすいことではないことを、あなた方を通して学んでいます。そのエネルギー構造を愛し受け入れることなく抗い、腕相撲を挑み、闘争に及ぼうとすれば、それらはかえって強さを増し、さらに長くとどまろうとします。

とあるグループが、進歩したエネルギー、まさにこのような古いエネルギーを手放すのを助けるヴァイブレーション波に取り組んでいます。これらの古いエネルギーは、まさにあなた方自身の「エネルギー寄生虫」のように、あなた方のエネルギー構成にしがみついているのです。あなた方が悟りに到るための変化さえも、それらはあなた方と一緒にくぐり抜けられるのです。私たちがあなた方を通して学んだことは、これらのものに対し、力を与えたり、あるいは戦おうとしたりすると、より長くしがみついてしまうということです。このグループが取り組んでいる技術についてはいずれすぐにもっとお話しすることにします。まもなく、あなた方にお伝えできる準備ができますから。申し訳ないですが、現時点ではこれ以上の答えは出せません。しかし私たちも、あなた方と共に学んでいるのですよ。


質問12: 今ちょうど、エネルギーがしがみついている(cling)と言いました。クリンゴン(cling-on)という異星人(スタートレックに出てくる異星人種族)の名の中にも見られる言葉ですが、何か関係があるのでしょうか?

トバイアス: ある意味では、関係があると言えます。


質問13: 私は本当に、この(シャーンブラの)グループの一員なのでしょうか? もしそうなら、どうしてここにたどりつくのに物理的な問題があったのでしょうか? どうして他の人が体験していると思われることを体験できていないのでしょうか? 苦痛や、困難とか・・・

トバイアス: まず最初に、あなた方の歩む道は一人一人違うのです。どの道もそれぞれ異なっています。だから、これこれの経験をしていなければいけないのだ、と言うことは、あなたにとっては適正なことではないのです。ここへ来るのが困難だったというのは、あなたがあまり確信が持てないからです。本当にここにいたいのか、今まさに起こりつつあるこの変化の一部に参加したいのか、そしてこの新しいエネルギーに身をゆだねる人間の第一波に参加したいのかについてです。最後の点については、尊敬と名誉があります。最初に行く人たちがいて、そして第二波、第三波、第四波の中で行く人たちがいるからです。

あなたはファミリーの一員なのでしょうか?もちろんですとも!あなたは私たちが以前から知っていた人間の一人でしょうか?もちろんです、そうでなければあなたがこれらのエネルギーに惹き付けられることもないでしょうから。読むことができるこのようなチャネル(メッセージ)をこうして与えられていながら、最初の一線を越えられない人たちがいます。今この時点において、それは彼らにとって適切なことではないのです。彼らには他に成すべきことがあるのです。あなたはファミリーの一員なのか?もちろんその通りです。いつでもここへいらっしゃい。いつでも歓迎しますよ。


質問14: トバイアス、今この時点において、ライトワーカーである私たちに、占星術がどのように適用できるか、話していただけますか?

トバイアス: 親愛なる友よ、今この時点ということであれば、古い占星術を使ってきたあなた方のやり方は、捨ててしまうのが最善です。あなた方自身のためにも。新しい地球のエネルギーに歩み入っていない人間たちに対してなら、占星術はまさに適切と言えますが、あなた方に関しては、すでに新しい生涯へと移っているのです。これをどうチャート化するのでしょうか?あなた方の新しい「自己」の出生を(星図上で)何度に置くのでしょうか?もはや、星の導きを頼みにするのはあなた方にふさわしいことではないのです。思い出してください、その星々そのものを創りあげたのはあなた方なのです!星々・・・あなた方がそこに設置した物体やエネルギー・・・のエネルギーによって自分自身を構成する必要をは、あなた方はもう超越したのです!

あなた方は、新たな星々とそのエネルギーを、いまだ発見されていない星々を創っているところなのです。この星々のエネルギーのパターンを形作っているのは、あなた方なのです。さて、中にはこの意見があまり気に入らないという人もいることを私たちは知っています。私たちは決して占星術を咎めているのではありません。大部分の人間たちにとっては今もなお適切なものです。彼らはまだ古いエネルギーの中を歩んでいるのですから。しかしシャーンブラである人が、もし星々や、あるいはエネルギーが見える者から今、リーディングを受けたとしても、あなた方に何が起こっているのか理解はできないでしょう。あなた方のエネルギー・フィールドが見えず、ショックを受けるでしょう。彼らは古い場所を覗き込んでいるのですから。あなた方のエネルギー・フィールドは今や新しい場所に存在しているのです。あなた方の星や星図を読み取ろうとする人々にとっては、それがあなた方にとってはもうあまり正しくはないと感じられるでしょう。それはすでに過去のものであって、今あなたが歩み入っているものとは違うように映るでしょう。あなたが、新しいエネルギーに身を置いた上で、なおも星々の力に身をゆだねようとするなら、それは苦痛となるでしょう。


質問15: トバイアス、私は今、向こう側へ渡ろうとする(死にゆく)人々の助けになるようにと呼びかけられているように感じています。これは私の生体にとって、試練に満ちたものであり、体力を消耗すると見出しています。この務めを行うにあたって、どうすれば力を得られるでしょうか?

トバイアス: 確かに、あなたはその務めに入るようにと呼ばれているのです。しかし、移り渡ろうとする人々に提示する正解を探し求めようとするあまり、自分自身に対し過度のプレッシャーを与えています。頑張り過ぎているのです。ただ彼らと共にいれば、それでよいのです。一対一の人間として、声をかけるだけでよいのです。彼らに対して哲学者ぶらないでください。彼らの問題解決の助けになると思って、クリムゾン・サークルからの言葉で彼らに話しかけてはいけません。ただ単に、彼らの移行の過程の中で、神性を宿す人間としてそこにいればよいのです。それが彼らにとって一番必要なことなのです。

あなたが疲れて精根尽き果てたように感じているのは、あなたががんばりすぎているからです。ここでエネルギーの漏損が起こっているのです。愛と尊敬の念をもって、彼らと共にただ座ってあげてください。彼らの移行の間、彼らの手を握っていてあげてください。そうすれば、彼らだけでなく、あなたもエネルギーの充填ができるでしょう。


質問16: 私は、つながりが途絶え、調子が外れているようにとても感じています。すっかり混乱して、言うなれば道を見失ってしまいました。だから私は再びつながりを感じたいと必死に思っていますが、どのようにすればよいのでしょうか?

トバイアス: あなたは古いエネルギーから新しいエネルギーの中へと変化している最中です。残念ながら、あなた方の多くが気づいているように、つながりが断たれたような感覚がやって来ています。幻想から覚める感覚、情熱を喪失する感覚がやって来ています。あなた方のシステム全体に、耐えることが難しい転換が起こっているのです。この期間においては、あなたは一人きりではないということをただ知っていてください。私たちが、ここであなたと共にいることを知っていてください。間違ったことをすることを心配しないでください。あなたのエネルギーの中で、あなたが凍結したようになってきているのが、この変容の過程で何か間違ったことをしたのではないかと心配するあまり身動きがとれなくなってきているのが見えます。行動を起こし、自分自身を表現するのが怖いと、あなたは感じています。心配しないでください。あなたの内に満ち、周りをとりまくエネルギーの原動力によって、あなたは間違った方向に進むことはできないのです。自分自身を信頼することを始めてください。そして、これは単にあなたがくぐり抜けている過程に過ぎないということを理解してください。


質問17: あなたはジャン・トバーと呼ばれる者の「双子の炎」なのですか?

トバイアス: 「双子の炎」という考え方については前にもお話ししました。親愛なる友よ、あなたにも私にも、すべての創造物にも、失われた部分などないのです。「双子の炎」の話が、一緒に歩く二つの存在に対する愛を表現することを意味し、その意図が、この二つの存在はいろいろな意味で同一である - そしてこれらは深く愛し合っている - ということなら、そこには良いエネルギーが存在します。しかし、もし「双子の炎」の話の意図が、あなたが不完全と感じている部分を補うためのものだとしたら、あなたはこの世界、そして宇宙を探し回る不幸な旅路を歩むことになるでしょう。

あなたは自分自身で完全なのです! 不完全だという感覚は「火の壁」の中での粉砕をくぐり抜けてきたときの名残なのです。面白いでしょう? 「双子の炎」と「火の壁」という言葉の関係は?(聴衆 笑) あなたには失われたもうひとつの部分などないのです。「火の壁」をくぐりぬけてきたときの経験が、そう思わせているだけなのです。あなたも、私も、自分自身で完全なのですよ。


質問18: トバイアス、私は「グレースのオーブン(慈愛の炉)」にいろんな課題を入れてみました。でもあまり成果がないようです。入れる前に、エネルギーが正しく結果を出せるように何かの儀式があるのでしょうか?

トバイアス: 「グレースのオーブン」の経験の一部は、グレース(神の恵み)がその役割を果たせるようにしてやることです。物事を「グレースのオーブン」の中に入れるにあたって、あなたはいろいろな期待を込めます。ここでの実習の一部は、その課題を解き放つことです。手放してください。そして、それ自身の神聖なるバランスを見つけさせてください。「グレースのオーブン」に課題を入れるとき、あなたが心配しているのを感じます。あなたは一定の分数の時間の後の成果、一定の方法で定義される成果を期待しています。

親愛なる友よ、「グレースのオーブン」の体験の一部は、受け入れ、耐え、そして解き放つことなのです。期待してはいけません。神聖なるバランス以外の何物も期待しなければ、あなたは人生においてとても楽に過ごすことができるでしょう。その成果は、あなたにとって、さらに力強く、さらに充実したものになるでしょう。

あなたはエネルギーの中へと移行しているのです。これは古いエネルギーとはまったく異なるエネルギーです。あなたはまだ古いエネルギー、古い人間のやり方、そして自分のすべて過去生に基づいて自分自身を再構築しようとしています。ある意味では、新しいエネルギーとは古いやり方の正反対のものだといえます。古いエネルギーの中では、あなたは創造を精神(マインド)から行い、自分の状況を変えようとしました。一定の成果を求めて、祈りをささげていました。あなたの内なる世界を理解することなく、外側の世界に影響を与えようとしました。わかりますか?

あなたの内なる本質の波動を、大きな一筆を描くことによって変えれば、あなたの家の外にある課題の見方や現実も、それに伴って変わります。古いエネルギーを用いた創造の方法においては、あなたは外の世界に、そのあり方と、その見え方、そして自分に与えるべきものを命令しようとしてきました。しかし新しいエネルギーの中では、あなたは自分の家にグレースと、受入と、許容と、信頼のツールを携えて入ります。これらのツールを心(ハート)の中に持って、絵筆をとり、バランスと成就のまさに新しい波動を創造してください。

あなた方全員を、心から愛しています。

And so it is…(では、これにて・・・)

translator : Creo H. Fenix / checker : Kiyo


---------------------------------------------------------

クリムゾン・カウンシルのトバイアスは、コロラド州ゴールデンのジェフリー・ホップにより提供されています。聖書のトビト記からのトバイアスの物語はクリムゾン・サークルのウェブサイトwww.crimsoncircle.comで見ることができます。トバイアスの資料は、世界中のライトワーカーとシャーンブラ達に、1999年8月(トバイアスが人類は破壊の可能性を脱して新しいエネルギーに入ったと話した時)以来、無償で提供されています。

クリムゾン・サークルは、新しいエネルギーに入る最初の人々に含まれる人間の天使の世界的なネットワークです。彼らがアセンション状態の喜びと挑戦を経験するに従い、彼らは他の人々の旅をシェアリングと世話とガイドによって支援します。毎月、7万人を越える訪問者がクリムゾン・サークル・ウェブサイトを訪れ、最新の資料を読み、自らの経験をディスカッションしています。

クリムゾン・サークルはコロラド州デンバー地域で毎月集まりがあり、そこでトバイアスはジェフリー・ホップを通して、最新の情報を提供します。トバイアスは、彼と天界のクリムゾン・カウンシルの他の存在達は実際には人間達をチャネルしていると述べています。トバイアスによれば、内側でそれを経験しながら、それを外側から見られるように、私達のエネルギーを読み、私達自身の情報を翻訳して私達に戻しています。クリムゾン・サークルの集会は一般に公開されていますが、予約をしていただいたほうがいいです。クリムゾン・サークルはその豊かさを世界中のシャーンブラの開かれた愛とギフトを通して受け取ります。

クリムゾン・サークルの究極の目的は、内なるスピリチュアルな目覚めの道のりを歩む人々に、人間のガイド、教師として奉仕をすることです。これは福音伝道の任務ではありません。むしろ内なる光は、人々をあなたの思いやりと世話を求め、あなたのドアステップに案内するのです。“剣の橋”の旅に船出しようとする比類なき、尊い人があなたのところにやって来る時、あなたはその瞬間に何をし、教えるべきかわかるでしょう。

もし、あなたがこれを読んでいて、真実と繋がりの感覚を感じるのなら、あなたは本当にシャーンブラです。あなたは教師であり、人間のガイドです。神性の種を、この瞬間に、あなたの内で花開かせ、そしていつもやって来させてください。あなたは決して一人きりではありません。世界中にファミリーがいて、あなたの周りの領域にも天使達がいるからです。

どうぞ、このテキストを非商業ベース、無償ベースで自由に配布してください。どうか情報は完全に含めるとともに、これらの脚注も含めてください。他のすべての利用については、コロラド州ゴールデンのジェフリー・ホップによる書面の同意が必要になります。

コピーライト2001 ジェフリー・ホップ コロラド州ゴールデン80403 私書箱7328 Eメール  Tobias@crimsoncircle.com このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください  著作権所有 クリムゾン・サークルについてのより詳しい情報は email@crimsoncircle.com このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください までメールください。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。