FC2ブログ

自由への選択

Clarity(クラリティ) シリーズ シャウド5

クラリティ・シリーズ シャウド5
「影の自己と潜在的可能性」
クリムゾン・サークル 2005年12月17日
---------------------------------------------------------

そしてこのように(And so it is)、親愛なるシャーンブラの皆さん、私たちは再び、集まっています。シャウドのためにすべてのエネルギーが集まるこの時間を、ここで、あなたが文字通り、ハートを開いていき、世界中のシャーンブラたちと一緒になるこの時間を、私たちは、本当に大事にしています。あなたは、音楽が演奏されているこの少しの尊い時間をもって、ただ、開いていき、私たちがあなたと一緒になるために入ってくるのを許しています。何という、尊い、尊い時間でしょう! おそらく、エネルギーが入ってくるのを、あなたも感じられるのではないでしょうか・・・ 私たちの今日のゲストたちのエネルギーを・・・ 第2の、そして第3のサークルまでもが、見守っているすべての存在のエネルギーを・・・ ここであなたは、少しの間、自分の制限と制約をはずし・・・ 日常の心配事を、人間であることの試練を、苦悩を手放し・・・ 過去世のあなたのすべての側面を・・・ いまだ表現されていない潜在的可能性を招き入れる、この尊い、黄金の時間が、この瞬間にもあります。
少し時間をとって、この上質の、美しいエネルギーを、ただ、呼吸して下さい。ええ、そうです、あなたはそれを食料にしています。それがどのようにあなたを養っているかを感じて下さい。それが、どのように、あなたがしばらくの間、苦しんできたことを理解する助けとなり得るかを感じて下さい。あなたがここで、呼吸する私、トバイアスのエネルギーが、今日のゲストたちのエネルギーが、天使の領域の存在たちのエネルギーが、どのようにして入ってきて、あなたを愛し、サポートし、励まし、思い出させてくれるのかを、感じて下さい。実に、私たちが先月話したように、あなたは、自分自身になる許可を得ています。このクリスマスに、あなた自身に与えることのできる、何という美しい贈り物でしょうか - 自分自身になる許可です!

いわゆる、ある種の摩擦や抵抗を引き起こすもので、あなたのエネルギーにとって、このうえなく困難なことのひとつが、あなたが、本来のあなたでいない時であり、あなたがためらっている時であり、実際にはあなたは知っていて、気分が良く、これまでとは違う感じ方をしているのに、様々な理由から躊躇して、その人物になるのを、自らに許していない時です。先月、私たちが話したように、あなたは信念体系を持っていて、それが、あなたがより壮大で、より広大な視野を得るのを妨げ、あなた自身に制限を課しています。ひとつには、怖れから、ひとつには、あなたが今世までに他人に、他の人たちに対して約束したことがあります。

シャーンブラの皆さん、深呼吸をして、本来のあなたになる、という贈り物を自分自身に与えるのに、今が素晴らしい時です。あなたは時々、世間の人々が自分のことを少々、クレイジーだと思うのではないか、と心配します。けれども、彼らはすでにそう思っています。(少々、笑) 彼らのお手本になって下さい。本当に目覚めたいと望んでいる、他のすべての人間のお手本になって下さい。

時々、私たちは、ヴェールの私たち側で、くすくす、笑ってしまいます。私たちは、現在、地球上にいるシャーンブラたちの、この生涯を、いくぶん・・・ まるで、奇妙な、ユーモアに満ちたサイエンス・フィクションを見るかのように、見ています。あなたはここで、死人から目覚めつつあり、眠りから、とても明確な理由により、あなた自身が創り出した信念体系から、目覚めようとしています。今、あなたは目覚めつつあるのです。あなたは、目覚めようとしてまどろんでいる状態です。というのは、あなたはいまだに、二元性の重苦しさの、集合意識の、あなたの義務の影響を感じているからです。あなたはいまだに、簡単に眠りに戻ってしまいそうに感じています。この新しい、目覚めた状態は、ひょっとすると、自分が望んでいるものではないのではないか、と感じています・・・ あなたが考えていたものとは違うのだと。ですから、あなたは、その中間に、まどろみのなかに、霞のかかったところにいます。でも、あなたは目覚めつつあるのです。

ここで私たちの周りには、たくさんの他の人間たちが、深い眠りに入ったままで、深い催眠状態のままでいます。まるで、SF映画の「ゾンビ」のようです。私たちは - 何と言うか - 見下して言っているつもりは、ありません。でも、そのように見ることがあります。彼らは、お手本を待っているのです。あなたのような人が、本来のあなたになるのを、本来のあなたになることを怖れない人を待っているのです。そうすれば、彼らももっと安心して眠りから覚めることができるからです。彼らの眠りは、信念体系であり、催眠の覆いなのです。

地球上の人生はただ、そういうことです - 催眠の覆いです・・・ いいですか。ええ、あなたはそれを頭では分かっていますが、もしかすると、ハートでは感じたことがないかもしれません。けれども、ある意味で、あなたは本当には、ここにはいないと言えるかもしれません。あなたは、本当は、この人間の身体にはいないのです。あなたは、本当は、この生涯にはいません。あなたは、本当は、ここで、その椅子には座っていないのです。

ある意味で、それはすべて、催眠の覆いであり、あなたが自ら入って行った、とても強力で、とても、とてもパワフルな信念体系であると言えるでしょう。信念体系や催眠に対して腹を立てないで下さい。あなたが自分自身に誘発したものです。そしてあなたはそれを、他の人間たちの信念体系と融合させ、この、集合意識の覆い、というものを創り出したのです。そして、あなたはここにいます。

ある意味でそれは、サイエンス・フィクションのようなものだと言えるかもしれません。なぜなら、あなたは自分がここにいると感じている一方で、見方によれば、本当はここにはいないからです。それはただひとつの側面であり、ひとつの潜在的可能性に過ぎません。私たちは、それが現実ではない、と言っているのではありません。それは単なるひとつの現実、あなたが生きているひとつの現実に過ぎないのです。

仮に私、トバイアスや私たちの他の存在たちができることがあるとすれば、今後、2年間の間に、それがひとつの潜在的可能性に過ぎないことをあなたが理解するように手助けすることです。すると、その他のたくさんの可能性が解き放たれ、表現されることが可能になります。極めてシンプルです。あなたが、本来のあなたになるという、神聖なる権利を持っているのを理解することです。

さて、それには、いくつか探求していく必要があります。あなたは誰ですか? いかにも、あなたは何でしょうか? あなたという人たらしめているものは何ですか? あなたがすでにしているように、私たちはこれらを探求していきます。私たちは、あなたが現在、存在する現実の基盤を何が養っているか、その供給がなぜ、それほどまでに強力にあなたを納得させ、それが唯一の現実だとあなたに信じさせているのかを見ていきます。これを通り抜けるためのやり方を、私たちは示していきます。

いかにも、今後、数回のチャネリングにおいては、アダマスが私、トバイアスや他の存在たちとワークしていく重要な役割を果たすことになります。実に、アダマスは今日、ここにいます - アダマス・セント・ジャーメイン、ごく最近まで人間として歩んできた、今でも現実に入ったり、出たりすることのできる、壮大なる存在です。彼は、現実とはひとつの可能性に過ぎないことを理解しています。彼はまた、複数の現実を同時に表現できることを理解しています。

いいですか、一度にただひとつの現実しか、表現できないという信念があります。一度にただひとつの体験しかできないというわけです。あなた方のなかにはすでに発見している方もいますが - また、残りの方もこれから発見するでしょうが - 複数の起こりうること、選択肢を、何と呼んでも構いませんが、同時に表現することができるのです。あなたが最適だと感じるものに入ったり、出て行ったりすることが可能なのです。それはまず、あなた自身に、本来のあなたになる許可を与えることから始まります。それは、私たちが先月のシャウドで話したように、その現実を養っているものに気づくことに続きます。

さて、アダマスのエネルギーは、今日、私たちとともにあります。これを聞いているあなた方1人ひとりとともにあります。いいでしょうか、彼は別に、この山の頂上だけにしかいられない、ということは、ありません。彼はあなたと、あなた方の少人数のグループが窓の外に目をやり、海を見ている時にあなたとともに、座っていることもあります。彼はあなたとともにいることができます。都会のアパートに1人で座っている人が、通りの騒音の真上でたった今、シャウドを聞いている時に、彼はその人と一緒にいることができます。ええ、彼は私がしているように、あなたとともにいます。私たちは皆、私たちのエネルギーをこの場所で、融合しました。

さて、私たちの今日の、その他のゲストは - 何と言うか - まさに旬のもので、この季節にとてもふさわしい存在です。それは、あなたが知り、愛すようになったエネルギーです・・・ 子供の頃からあなたの旅の一部であり・・・ クリスマス・シーズンの重要性を思い出させてくれるエネルギーであり・・・ あなたの人生において、愛の重要性を思い出させてくれるものであり・・・ 人生で分かち合うことの重要性を・・・ 原点である子供らしさと遊び心に還ることの重要性を思い出させてくれるものです。では、いかにも、この部屋に「サンタ・クロース」のエネルギーを歓迎しましょう。(少々、笑)

さて、あなた方のなかには笑ってしまう人もいますが、そこにはそれ以上のものがあります。今日、この部屋にサンタ・クロースのエネルギーを招き入れることで - 私も、笑わないでこれを言うのは難しいのですが - それは、イマジネーションの重要性を、他の様々な現実や可能性の重要性を、あなたが理解する助けとなるのです。それは、シャーンブラの皆さん、あなたがそうであると思えば、あなたはそう信じ、あなたが受け入れれば、そうなるのだ、ということを理解する助けになるのです。

さて、少し、サンタのことを話しましょう。サンタは、キリスト教の文化で育った多くの者にとって、クリスマスのスピリットを象徴しています。サンタは、基本的に100年以上前に創作されました。以来、サンタのエネルギーは、積み重ねられてきました。あなた方の多くの方が、とても若い時期に、サンタについては、魔法のような体験をしました。ええ、サンタはあなた方すべてに、この季節の不思議な力と、人生の魔法のような可能性を思い出させてくれます。

では、サンタ・クロースとは何なのでしょうか? どこかの詩人が創作したもので、後に広告会社の幹部が甘い話として尾ひれをつけたのでしょうか? サンタとは何でしょう? ええ、サンタは現実です。あるいは、彼は触れることのできる肉体を持たないかもしれません。実際には、触れたことのある子供たちを私たちは知っていますが・・・ つまり・・・ 可能性に対してオープンな若い人たちのことです。サンタは必ずしも北極に家を持たないかもしれません。あれだけの小人たちに仕事をしてもらってはいないかもしれません。

それでもなお、サンタはたとえば、存在としての「シャーンブラ」同様、現実の存在です。存在としてのイェシュア同様、現実です。なぜなら、人間が、自分たちの意識のなかへ取りこみ、それは - 何と言うか - 彼らの意識へと養われていき、それから、他の人間たちの意識へと出ていき、養われ、あるいは投影されたからです。まもなく、ただの思いつきに過ぎなかったものが、イマジネーションやおとぎ話に過ぎなかったものが、今となっては現実となったのです。

サンタ・クロースは、私たち側のヴェールにおいては、文字通り、実際に存在すると言えるでしょう。それは、魂を持った存在ではありません。あなたとは違います。それは、複合されたエネルギーです。集合的なエネルギーです。ですから、ヴェールの私たち側には、サンタ・クロースがいます。ええ、ヴァージニア、本当にいるのです。(少々、笑)

このサンタ・クロースはそれから、地球上で、一目で分かる、極めてリアルなエネルギーとなりました。年月を経て - 何と言うか - あなた方は受け入れるようになりました。あなたの分析的なマインドはこう言います。「でも、それはただの物語だ。子供たちのためのものだ。必ずしも現実ということにはならない。」 けれどもなお、毎年、私たちはそれが起こっているのを見ます。

このクリスマスのエネルギーは - サンタ・クロースに象徴される - 本当に、奇跡が起こるのを、許してくれます。それは本当に子供たちに - 何と言うか - 豊かさを持たない家庭にある子供たちに起こしてくれます。どこからともなく、贈り物が現れます。ああ、ひょっとするとあなたは、それはどこかチャリティの組織や、正しいことをしようとする個人から来たものだと言うかもしれません。でも、それはこのサンタ・クロースのエネルギーを通してやってくるのです。ですから、現実なのです。

どうでしょう、私たちは行ったり来たりしています。人間は、イマジネーション対現実について、行ったり来たりしています。そこには、違いはありません・・・ まったく、何の違いもありません。二元的な人間は、それが現実であるためには、触れることができなくてはならない、とか、目で見ることができなければならない、とか、少なくとも分析できなくてはならない、と考えます。それは、まったくそうではありません。それ自体が幻想なのです。それはまた、人間として生きることの最大の嘘です - つまり、ただひとつの現実しかなく、現実であるためには、触れることができて、感じられて、分析できなければならないということです。それは、とんでもない迷信です。

イメージしてみて下さい。今から、そうですね、それほど先の年月ではない未来のどこかで、その世代の人間が、この2005年という時代を振り返り、くすくす、笑いながらこう言ってしまうのです。「そうだね、あの当時は、彼らはたったひとつの現実しか信じていなかったんだ。ただひとつの可能性しか信じていなかった。形あるものが唯一の現実だと信じていたんだ。物質でできていなければ、あるいは二元的な測定手段によって分析できなければ、それは現実ではなかったんだ。」 未来の世代が、そのことでくすくす、笑っているのを、何て先史時代で、時代遅れなのか、と考えているのを、想像してみて下さい。

シャーンブラの皆さん、あなた方は、本当に、文字通り、このような障壁を、精神あるいは人間の現実と、イマジネーションを隔てる障壁を打破する道を、切り開いているのです。イマジネーションは、複数の現実を、複数の可能性を表します。ですから私たちは、サンタ・クロースのエネルギーを持ってくるのがとても重要だと感じたのです。なかには子供っぽい、現実ではない、と思う人もいるでしょう。

私たちは少しの間、あなた方にそれを感じていただきたいと思います。このサンタ・クロースのエネルギーを感じて下さい。ええ、それは人間が創ったものです。確かにその通りです。けれども、今、それは現実の存在であり、ヴェールの私たち側と、あなた方の側の両方に存在し、アイデンティティを持っています。少し時間をとり、サンタ・クロースを呼吸して下さい。あなたのなかの子供を再び、戻してあげて下さい。サンタ・クロースが、クリスマスの、人類のどんな象徴なのか、という、その本質を感じて下さい。

あなたが子供だった時に、それがどんな意味を持っていたかを思い出して下さい。それが魔法を意味した人もいるでしょう。起こりうる可能性を意味していた人もいるでしょう。なかには、心から愛着を感じた人もいるでしょう。なぜなら、それが肉体の背後にある、地球を超えた何かを象徴しているのを、あなたは知っていたからです。それは、壮大な可能性を象徴していました。

なかには、それが葛藤や悩みを意味した人もいるでしょう。というのは、子供でありながら、友人たちはサンタ・クロースを信じていて、クリスマスの朝に、ツリーの下にどんなものが置かれているかを、心待ちにしていました。でも、あなたの両親はそのようなイマジネーションの祝福を否定して、サンタは現実ではなく、作り事であり、おとぎ話なのだと言います。現実に目を向けて、物理的な測定手段で定義できるものだけに集中しなければならないと告げたのです。あなた方のなかには、より大きく、より壮大な何かを信じる祝福を否定された人もいました。そして今日、あなたは、極めてリアルで、とても、とてもリアルなものを学んだのです。

概念やイマジネーションの背後に十分なエネルギーがあれば、それが1個人から来るものでも、集団のものでも、それは結果として、それ自身が現実になるのです。それが、物理次元に存在しなければならないということはありません。物理次元に共存することができるのです。

シャーンブラは、たとえば、あなた方のハートから創られました。それは今では、サンタ・クロースがそうであるように、1人の存在です。シャーンブラは、ヴェールの私たち側では、現実です。それは、定義することのできる、見分けることのできる性質を持っています。ですから、あなたがそれを許容し、受け入れるなら、あなた方の側でも現実となるのです。シャーンブラは、サンタ・クロースがエネルギーを携えているのと同じように、エネルギーを携えています。イマジネーションが、本来のあなたになることを自分自身に許すことが、物事を創造します。蓋然性の領域と次元にそれらを創造します・・・ ええ、現在のあなたのマインドでは推しはかれないくらい、困難なことでしょう。

イェシュア、ジーザスのエネルギーを取り上げてみましょう。私たちが以前に言ったように、イェシュアは、魂を持たない存在です。イェシュアは、複合の存在です。それは、あなたを含む天使たちの大勢のグループの集合的なエネルギーであり、それにより、具現化したものです。そのエネルギーはとても強力で、本当にたくさんの思いやり(compassion)と愛に満ちていたので、文字通り、あなたは、「キリスト性(Christ-ness)」、キリストの種子を、キリスト意識を具現化することができたのです。それが肉体に宿り、あなた方すべての集合的なエネルギーとして - もちろん、他の多くの存在たちにより - ふさわしい時期に地球にやってきたのです。イェシュアとは、ある意味で、まったく現実ではない、と言えるかもしれません。あなた方が通常、とらえている現実、という意味においては。それは、実際の魂としてのアイデンティティを持っていません。けれどもなお、イェシュアはあまりにも大きな意味を持つようになりました。

ああ、それから、ジーザスがいます。いいですか、ある時点では、イェシュアとジーザスは、同じエネルギーでした。しかし今は、まったく違います。ヴェールの私たち側には、ジーザスと呼ばれる存在がいて、イェシュアのエネルギーとは随分、違います。ジーザスはおそらく、より現代的なバージョンでありながら - 何と言うか - 現在のキリスト教会の信念体系により、築かれたバージョンです。ジーザスはヴェールの私たち側でも具現化していますので、あなた方の側でも感じることができるのです。

このジーザスのエネルギーは、イェシュアのものとは随分、違います。それは - 何と言うか - 彼らのエネルギーを合わせたもので、救いを求め、審判を求め - 何と言うか - 導き手や、指導者を求めるエネルギーであり、そうして彼らはジーザスという、このエネルギーを創造したのです。それは、以前にはなかったものです。実際、イェシュアのエネルギーから直接、出てきたものではありません。

イェシュアは - 何と言うか - 私たちはここで少々、話題がそれていますが。イェシュアは、「サナンダのオーダー」から、サナンダの家系から、サナンダの天界の家族からきたものです。イェシュアは、そのポータル(入口)あるいは、回廊を通って具現化されました。ジーザスは随分、違います。ジーザスは、キリスト教会の現在の意識が具現化したものです。

ですから、ジーザスはこちらにいて、イェシュアはこちらにいます。私たちはあまり混乱しません。2者の違いが分かるからです。ジーザスのエネルギーは、この重荷を背負っています。彼は絶えず、十字架とともに歩き回っています。ですから、混乱しないのです。(聴衆、笑) イェシュアは、十字架を持ち歩きません。苦しむ必要がないからです。人間のために罪を償う必要がないからです。というのは、本質的に、人間の罪というものなど、ないからです。しかしながら、人間のある集団が、信念体系を創り出し、そこで、ジーザスと呼ばれる存在が、文字通り、私たち側と、あなた方の側で十字架を携えているか、磔になっているのです。

ですから、シャーンブラの皆さん、イマジネーションが、遊び心が、信念体系が、意識が、現実を創造していく効果がお分かりいただけるでしょうか。それは、途方もない原動力です。その原動力が、サンタ・クロースのエネルギーを創造する助けとなりました。それが、シャーンブラのエネルギーを、創造する助けとなりました。現在、あなたが、たった今、ここに座っている現実を創り出す助けとなっているのです。

さて、私たちは今日、その物理学のいくつかに入っていきますが、ここでもうひとつ、付け加えたいと思います。

先月、私たちは、「あなた自身になる許可」について話をしました。それは、シャーンブラのエネルギーの拠点となるべきものです。時々私たちは、こう訊かれます。「シャーンブラの信条とは、何ですか? シャーンブラのエネルギーとは、何ですか?」 ああ、具体的に書かれたものは特にありません。けれども、誰かが、「シャーンブラとはいったい、何ですか?」 と言う時、伝えるべきことが、それは、あなたが、あなたというあらゆるものになる許可を自らに与える、ということになります。

さて、それはある人々にとっては、少々、恐ろしいことなのです。自らを開いていき、本当に自分自身になると考えるのは少々、恐ろしく思えるのです。いつか、誰かにそれを話してみて、彼らが開いていく許可を得ている、とあなたが言った時に、どれくらい彼らが閉じてしまうかを見て下さい。彼らは - あなたがそうであったように、あるいは今でも多少、そうであるかもしれませんが - 開いてしまうのを怖れています。何か馬鹿げたことをするのを怖れています。自分を、あるいは他人に恥ずかしい思いをさせるのを怖れています。間違ったことをするかもしれない、残酷なことをするかもしれない、と怖れています。

なぜかというと、彼らはいまだに二元的なマインドの枠組みにいるからです。彼らは正しい、間違っている、というものをいまだに信じています。間違った方向に行くのではないか、という怖れを、今でも持っています。本当は間違った方向などないのですが。そこには、ただ、様々な体験があるに過ぎません。彼らはいまだに、エネルギーが - 何と言うか - 何らかの形で入ってきて、自分たちを闇に連れ去るかもしれないのを怖れています。

けれども、シャーンブラの皆さん、あなた方は、そこを超えて行ったのです。あなたは、自分が本来の自分になれることを - あなたのスピリットの、このうえなく壮大な表現となることを、理解しています。正しい、間違っている、ということを心配する必要はありません。起こるかもしれない不均衡について、心配する必要はありません。というのは、あなたは今、流れているからです。あなたはもう、新しいレベルで体験しているからです。本来のあなたでいることを、自分自身にさせてあげると、あなたの体験はもはや、二元的な表現には基づかなくなります。ですから、そこに正しい、間違っているというものも、ないのです。「新しいエネルギー」モードにおいては、やろうとしても、間違うことはできません。そこには、正しい、間違っているというものは、ありません。ただ、あるだけです。「新しいエネルギー」モードにおいては、不均衡はありません。なぜなら、あらゆるものが、内側に、それ自身、本質的にバランスを携えているからです。

「古いエネルギー」、二元的なエネルギーは、バランスを欠く力を持っています。私たちは、以前にその話をしたことがあります。光から闇、あるいは、陰から陽というバランスは、行きつ戻りつ、シフトします。「新しいエネルギー」においては、あなたが古いものを超越して、「新しいエネルギー」に入ると、常に本質的にバランスが備わっているのです。

ちなみに、それは退屈であるという意味ではありません。平坦であるということではありません。ああ、あなたが想像もつかないくらい、その表現は壮大なものなのです。単に、常に自らバランスをとるということです。そこには、光や闇という、相反するエネルギーはありません。

ですから、怖れないで下さい。あなた自身を、本来のあなたにさせてあげて下さい。自分がどれくらい躊躇してきたかに驚くでしょう。古い怖れと、古い信念体系がどれくらい、あなたを躊躇させていたかに驚くでしょう。

もうひとつ、付け加えておきたい点は - おそらく、これもまた、シャーンブラの信条に入れておくべきでしょうが - 本来のあなたになる許可を自分自身に与えるだけではなく、人生もまた、楽しむことです。完全に人生を楽しむことです。地球上には、古い覆いがあり、それはいまだにあります。いまだに強力です。あなた方のより過激な宗教や、政治システムに見られるものですが、それはつまり、人生は楽しむべきものではない、というものです。人生とは、かろうじて耐えていくものである。人生は生き延びるものであり、生きるものではない。

いいですか、そこには違いがあります。あなたは生き延びることができます。過不足なく、やっていくことができます。あるいは、本当に生きることもできます。文字通り、政府や教会は、過不足なく、という催眠の覆いに取り組んでいます・・・ 人々が反感を抱いたり、反抗したり、乗っ取ろうとしないよう、過不足なく・・・ 人々が本当の自由を持っていると感じないように、過不足のない自由を・・・ 過不足ない食物とお金・・・ 家を持ち、1日3回の食事で満足するように、過不足ないお金を持つ。シャーンブラの皆さん、それはとんでもないたわごとです。(少々、笑)

覆いがどのように作用し、人々がそこに陥っているか、お分かりでしょうか・・・ 彼らはそれを信じているのです・・・ 政府は調子を合わせています。なぜなら、政府とは、人々を象徴するものだからです。過不足なく。そして年に1回、あなたはこの、クリスマス、というものを迎えます。数日余分に休みがもらえます。「何てことだ。数日余計に休みをくれるなんて、会社は何て親切なんだ!」 過不足なく、です、シャーンブラの皆さん。2週間の休暇・・・ 四六時中、働くことで、あなたが完全におかしくなって、クレイジーにならないように、ギリギリに与えられるものです・・・ 過不足なく・・・ いいでしょうか。

ほとんどの人は、人生を楽しんでいません。彼らは、「過不足ない」人生を送ります・・・ 過不足ない程度に・・・ 自分の肉体にかろうじてとどまるだけの・・・ 人生の催眠の覆いと呼ばれる、素敵な、ちょっとした共振にそこそこ、自分をとどめておくために。ええ、あなた方の1人が訊いていますが・・・ いかにも、アダマスがたった今、また、入ってきています・・・ おそらく彼のエネルギーを感じられるでしょう。私たちは、今日、シャウドの間、一緒になってちょっとした曲を歌っています。

ですから、シャーンブラの皆さん、人生は楽しむものです。人生とは、本来のあなたになる許可を自分自身に与え、人生を楽しむことです。「過不足なく、ギリギリでやる」という覆いを棄てて下さい。人生を楽しむのを怖れないで下さい。

ええ、分かります。私たちがその言葉を言うと・・・ 私たちは言います。「人生を楽しみなさい。」 すると、あなた方のなかには、引いてしまう人がいます。「さて、もし、楽しみ過ぎたらどうなるだろう?」 グループの方々に話したことがありますが、それは、「古いエネルギー」の考え方です。このなかには、「でも、楽しみ過ぎたら、アルコール依存症になるかもしれない。体重が増えるかもしれない。悪い癖がついたり、依存症になるかもしれない。」 それは、「古いエネルギー」の考え方です。それが覆いであり、あなたがそこそこ、持っていると思わせる考え方に過ぎません。いいですか。その怖れがそこにあります、その闇が、あるいはブギーマン(訳注: 悪い子供をさらっていく鬼)が、悪魔がそこにいます。あなたが人生を楽しみ過ぎると、悪いことが起こるというわけです。

さて、シャーンブラの皆さん、それは道理にすら、かないません。そうではないですか? 道理にもかないません。特にあなたが自分自身になり、人生を楽しんでいる時、それが、あなたをまどろんだ状態から急速に抜け出させ、「新しいエネルギー」へと運んでいくのだ、と気づいていれば。「新しいエネルギー」においては、すべて、自らバランスをとるのです。あなたは気づくでしょう、たとえば、あなたが仮に - 何と言うか - 外に出て人生を過剰に楽しんでいるとしましょう。あなたが限界を押し広げると、翌日、身体が教えてくれます。それは、自らバランスをとるのです。あなたが何か間違ったことをしたわけではなく、身体は、どれくらい様々なものをとりこめるかを知っているのです。それはとても自己調整がきくものです。それ自身、とてもバランスがとれているのです。

人間が死んで、私たち側に渡ってきて、本当に極めて稀なことなのですが・・・ 私たちが彼らと話ができるとすると・・・ 私たちはともに座り・・・ 「ええ、私は人生を楽しみ過ぎました。」 と言う人は、ほとんどいません。人間は私たちの側にやってきます。彼らは苦悩でいっぱいです。懸念や、罪悪感や、後悔の念でいっぱいです。彼らは自分たちがいかに働き過ぎたかを語ったり、十分に愛さなかったかを話します。

なかには、もっと明るい人は、いかにして自分自身を愛すことを忘れていたかを話します。やってきてこう言う人間は稀です。「私は、本当に人生を楽しんだ。」 あなたがこちらにやってくる時は、シャーンブラの皆さん、あなたがそう言えるなら、私たちはパーティを開くでしょう。私たちは、「私は人生を、そのあらゆるものを、楽しむことを学んだ。」と言う人間を祝うでしょう。

懲罰ではありません。あなたがそこにいるのは、世界を救うためですら、ありません。いいですか。あなた方のなかには、そのような義務を携えている人がいます。あなたはそれで養われています。世界を救うために、あなたはここにいます。そうではありません。手短に言うと、あなたがここにいるのは、人生を楽しむのがどんなものかを発見するためです。

それはあなたにとって、何を意味するのでしょうか? それはどういう意味でしょうか? そうですね、それはおそらく、あなたがやりたいことをやるための、大好きなことをやるためのエネルギーを持つことであり、もはや制限を持たないということかもしれません。人生を楽しむというのは、おそらく、あなたをいまだに悩ませている古い信念体系のいくつかを手放すことかもしれません・・・ それはいまだに、あなたとともにあります・・・ 古い覆いのいくつかを手放すことであり・・・ 「持つ」「持たざる」という概念は特にそうです。

あなた方のなかには、いまだに、持ち過ぎると、他人が苦しむ、という怖れを持っている人がいます。ああ、シャーンブラの皆さん・・・ 古いニュースです。「あまりにも、」過去の世代のことです。(少々、笑) 取りこめるエネルギーの量には限界がありません。特に、今はもう、「新しいエネルギー」が、あなた方の地球上の文明において、これほどまでに新しく、異なる役割を果たしているのですから。限界はありません。

ですから、あなたが、限界という古い概念のいくつかを棄て去り、本当に人生を楽しめるとすると・・・ それはあなたにとって、どんな意味があるのでしょうか? 私たちはあなたにそれを感じてもらい、さらにそれについて少し、考えてほしいと思います。人生を楽しむ、というのは、どういうことでしょうか? もし、そこに限界がなければどうでしょう? あなたを邪魔するものが何もないとすると・・・ というのは、本当にそんなものはないからです。それは単なる幻想に過ぎません。あなたの邪魔をしていると思っているものはすべて、幻想なのです。時々、あなたは、どんな理由にせよ、その幻想がそこにあると主張します。

「人生を楽しむ」とは、どういうことでしょうか? 私はここで、ひとつ、警告を発したいと思います。私は、人生を楽しむ、ということを話しています。あなたのためのものを、あなた自身のためのものについて、私は話しているのです。あなたは、人生を楽しむというのは、出て行って、世界の他の国々を救うということだと言います。残念ながら、そうすればあなたは、たくさんの、たくさんの転生を戻ってこなければならなくなります。なぜなら、世界を救うには、しばらく時間がかかるからです。

地球上で人生を楽しむというのは、どういうことでしょうか? そしてあなたは、そのことを、あなたのもとにやってくる他の人たちに、どのように教えてあげるのでしょうか? 私たちはここで、福音を説く話をしているのではありません。自転車に乗って、近所の家の扉をノックしてまわる話をしているのではありません。あなたのもとにやってくる人たちについて、話をしているのです。人生を楽しむことについて、彼らにどのように話をするのでしょうか? 人生を楽しむことについて、どうやってあなたの体験をシェアするのですか? 

私たちは以前、これについて話しましたね。あなた方の多くの方を躊躇させていることのひとつは、あなたが気づきもしない物事です。あなたがあるレベルで過去に誓い、誓約したものがいまだにあります。過去とは、つまり、この生涯において、ということです。あなた方のなかには、先週、誓いを立て、誓約した人までいます。

あなたを躊躇させている、過去の様々な生涯からのものが、いまだに、あります。あなたが、「私は決して・・・」、それから、その後を埋めます。あなたが誓いを立てた様々な生涯で - 何と言うか - なかには、決してセックスを楽しまないと誓った人もいます。あなたは誓いを立て、聖職者の地位のために立てた誓いです。「私はセックスを楽しまない。」 なかには、豊かさを持たないと言った人もいます。神を見出すためには、貧しくなければならない、豊かさなしにやっていく、という古い覆いがあります。それは、しばらくの間は、目的を果たしてきましたが、それもまた、古いニュースです。もう、それを手放す時です。

あなたが、自分を養っているこのすべての物事を見ていく時、これからは、違う見方でそれらを見て下さい。あなたを養っている、どれだけのものが、古い誓いや、誓約により、そこにあるのでしょうか? 私たちはこれについて、話したことがあります。あなたがいかにして、 - 何と言うか - 非常に活性化した、とても強力な誓いや誓約を通して信念体系を創造するかについて、私たちは話したことがあります。誓いや誓約は、すると、見分けがつかなくなる傾向があります、いいですか、というのは、あなたがそうなるように頼んだからです。あなたは、それがそこにあることも忘れます。自分が何かを誓ったことすら、忘れます。そうすると、それらはあなたを養うものの一部になるのですが、あなたはそれを見るどころか、気づきもしません。あるいは、ひょっとすると、何か別のものとして見るのかもしれません。

さて、入っていき、あなたを養っている物事を見て下さい。そのなかのどれくらいのものが、古い誓いや、誓約に基づくものですか? 誓いや誓約は、継続します。あなたは時に、それをやり続けます。私たちは、あなたが言うのを聞きます。「私は誓う・・・ この次の年、体重を減らす決意をする。」 ああ、シャーンブラの皆さん、どうか、お願いします。去年も、その前の年も、それはうまくいきませんでした。(聴衆、笑) あなた方のなかには、自分の人生で起きる物事で、それをする人がいます。

いわゆる、バランスを欠いた規律という覆いが、いまだにあなたの人生にあります。ええ、それは、人類全般の覆いです。けれども、私たちはあなたに、自分の人生でそれを見てほしいと思います。あなた方の本当に多くの方が、たくさんの様々な生涯で古い誓いや、一連の誓いを立て、それがこの信念体系を築き上げる助けをしているのです。あなたがしがみ続けている古い誓いは、現在、あなたが生きている現実を創造するのです。

このいくつかのものを見て下さい。それらがいかに、現在のあなたの人生の一部であるか、あなたがすることに影響を及ぼしているかを、見て下さい。とりわけ、あなたの人生の、規律という側面を見て下さい。あなたは、何とかやっていくためには、過不足なくやっていくには、自分を鍛える必要があるという信念を持っています。ダイエットするには、自分を鍛えなければなりません。エクササイズするには、自分を鍛えなければなりません。精神的に、そしてさらに重要なのは、スピリチュアルな面で自分を鍛えなければなりません。

そこには、あの古いことわざがあります - 痛みなくして、得るものなし・・・ 規律なくして、骨組みはなく、進化はない・・・ いいでしょうか。あなた方の多くの方が、規律を誓いました。おそらく、正確にはそのような言葉は使わなかったにしても、あなたは誓いを立てることで、自分自身を非常に集中させたため、それ以外のものを見なかったのです・・・ いいですか。

その規律という覆いは、地球上のあらゆる社会や文化において、積み重ねられてきて、いまだにそれは蔓延しています。古い誓いにより誘発された、その規律という覆いは、文字通り - 何と言うか - 現在、地球上にある、この、過不足なく、という、ギリギリでやっていく、という意識を維持していく助けになっています。それは、学校や、教会で、そして政府により、存続しています。あなたは一生懸命、働かなければならないのです。規律を保たなければなりません。あなたの両親が、それを強化しました。彼らの意識はその一部だからです。規律・・・ 自分を鍛える。集中する・・・ 集中です。

シャーンブラの皆さん、もう、その大物を手放す時です。その古い信念体系を、規律が進歩に匹敵するというものを、手放す時です。そうではありません。規律とは、回し車に乗った、ケージ(かご)のなかのハムスターのようなものです。ハムスターは自分がどこかに向かっていると思っています。何かをなし遂げていると思っています。けれども、それはただ、ぐるぐる回っているだけなのです。

この覆いは、とても興味深いものです。規律という覆いについて、それだけを考察するのも面白いかもしれません。特にそれが、古い誓いに関連していて、現在のあなたの人生にどんな影響を与えているかに関わるなら。あなたは、体重を維持するためには、自分を鍛える必要があると思っています。そうではありません。自分の体重を、バランスのとれた環境に置きたいのであれば、ただ、自分自身をそのようにイメージするだけです。ビジネスで成功するには、身を律する必要があるとあなたは思っています・・・ あなたが他の人たちのようになりたければ、それもあるでしょう。けれども、迅速なコースを、簡単なコースをつかみたいなら、私たちは実は、聖なるコースと呼ぶのですが、この規律という側面全体を手放すことです。

あなたは、自分を集中させていくためには、規律が必要だと思っています。それは実際、あなたを制限してきたものです。規律は、間違いなく集中力を創造しますが、集中力はあまりにも制限されたものにもなり得ます。それはまた、「うつ」のようなものを引き起こします。人間のスピリットは、それほどまで集中し、制限されて、途方にくれてしまうためのものではありません。ですから、これほどの「うつ」が発生するのです。これらの存在は、内側から叫んでいます。本来の自分になり、人生を楽しみたいと叫んでいるのです。けれども、彼ら自身による、また、社会によるすべての覆いと、すべての催眠が、彼らをためらわせています。それはおそらく、「うつ」の最大の原因のひとつでしょう - 制限です。スピリットは、制限されるようにはできていません。あなたは、制限されるようにはできていません。

あなた自身に、許可を与えて下さい。本来のあなたになり、十分に人生を楽しんでください。何という、素晴らしい宿題、課題でしょうか、特に今、このホリデー・シーズンにおいては。あなたは、このホリデー・シーズンに、人生を楽しむことができますか? あなたは人生を楽しむことができるでしょうか? 自分は楽しむべきじゃない、今日、存在する、過不足なく、ギリギリでやっていく人間のグループ全体のひとりであるべきだ、という罪悪感を克服できるでしょうか? それを打破して、しかも罪悪感を感じることなく、完全に人生を楽しめるでしょうか? 何という、素晴らしいチャレンジでしょうか?

さて、私たちは、何があなたを養っているかについて話をしました。つまり、このすべてが - あなたの信念体系がどのように創られているのか、そして、その現実を維持するために、あなたがいかにして、外側からエネルギーを引きこんでいるのか。それは、とてもシンプルです。それには - 何と言うか - 頭脳明晰な人物や博士に解明してもらうことはありません。それは、あなたの人生を養っているすべてのものです・・・ 良いも悪いもありません・・・ それらはただ、養っています。それらは、あなたの現実の土台を創造するお手伝いをしています。それらがしているのは、ただそれだけです。どんなものであれ、それは祝福です。なぜなら、それはあなたが、あるレベルで求めている現実を創造する助けとなっているからです。

あなたを養っているあらゆるものに気づき続けていて下さい。そして今、さらに一歩、進めてみましょう。あなたはどのように他の人たちを養っているのでしょうか? あなたの周りのあらゆるものを、どのように養っているのでしょうか? どのようにペットを養っていますか? 私たちは、ドッグフードについて話しているのではありません。私たちは、ここでは、エネルギーの食物について話をしています。あなたは自分の周りのガイアをどのように養っていますか?

あなたはあなたの車を、あなたの自動車をどのように養っていますか? それはただの鉄のかけらだと思っていますか? もう一度、考えてみて下さい。推測してみて下さい。それはスピリチュアルなアイデンティティです。魂は持っていません。エンジンを持っています。生まれ変わりません。ガラクタの山になります。けれども、なお、それはスピリチュアルな刻印と、アイデンティティを携えています。それ自身の意識を持っています。そしてあなたが、ただ、タンクにガソリンを入れるだけでなく、それを養うのです。あなたが車に乗るたびに、あなたの姿勢が、あなたの存在が、あなたの信念体系が、それを養います。

絶えず故障する車を持っているなら、あなたがそれをどのように養っているかを見て下さい。車が絶えず故障しているようなら、シャーンブラの皆さん、下取りに出して下さい。新しい車を手に入れてください。人生を楽しんでください・・・ おんぼろ車を乗り回すのは無意味です。古い車で何かのリーダーとして人々に感銘を与えることはできません。まじめな話・・・ その時代は終わりました。いかにも、セント・ジャーメインはここにいます。(少々、笑)

ですから、シャーンブラの皆さん、あなたはどのように他人を養いますか? あなたの子供のエネルギーをどのように養っているのでしょうか? 繰り返しますが、ここには良いも悪いもありません。あなたと子供たちとの相互関係はどうでしょうか? 兄弟、姉妹をどのように養っていますか? 時に、ドラマチックに、いかにも!(聴衆、笑)

同僚をどのように養っていますか? あなたは彼らを力づけているでしょうか? あるいは、力を奪っているでしょうか? あなたは、彼らが自分自身になる権利を持っていると、感じさせているでしょうか? あるいは、彼らを制限する手伝いをしているでしょうか? 彼らのなかには、文字通り、シャーンブラの皆さん - あなたはこれに気づくようになるでしょうが - あなたの同僚のなかには、文字通り、制限を養われたいと望んでいる人がいます。彼らは、自分もまた神である、ということを理解しません。自分はただの、死ぬ運命にある人だと捉えています。

あなたの同僚のなかには、自分自身を - 何と言うか - とても制限された、才能も能力もない者と見なす人もいます。彼らは文字通り、そのような形で養われたいのです。見下されたいのです。けなされたいのです。ええ、彼らは時々、それについて不満を漏らします。けれども、それにより、養われています。あなたは、彼らとどのように相互関係を持っているのでしょうか? あなたはいつ、彼らにしている供給を打ち切りたいでしょうか? あるいは、あなたがしている供給の背後にある可能性を変えたいでしょうか?

あなたは、レストランで、ウエイターやウエイトレスとどのように関わりますか・・・ いいでしょうか? ええ、そこには、あなたが想像もつかないくらいの影響が、 - 何と言うか - エネルギーが、その背後にはあります。彼らがいて、あなたに料理を出す人たちと、また - 何と言うか - 厨房とのつなぎ役でもあり、あなたの料理を持ってくる人たちがいます。そこには絶えず、エネルギーの交換が発生しています。あなたは彼らをどのように養っているのでしょうか? それは、彼らがあなたをどのように養うか、料理がどのようにあなたのテーブルにやってくるか、ということに大きく関わっているかもしれません。

あなたは、あなたの周囲の車や交通で、人々をどのように養っていますか? あなたの横を猛スピードで走り去る車は、あなたをギョッとさせますが、それをあなたはどのように養っているのでしょうか? というのは、あなたがハイウェイを運転している時は、どこかの理想郷に行っているからです。(聴衆、笑) あなたは、しばし休憩をとる間、自分の車が自動操縦する許可を与えたわけです。(さらに笑) ですから、あなたはその人をどのように養うのでしょうか? 繰り返しますが、判断はありません。常に入ってきては出て行くものを、ただ、感じて下さい。

あなたが店に駆けこんで何か買い物をする時、レジ係りをどのように養うでしょうか? あなたは急いでいます。微笑む時間すらありません。あなたはお金を放り投げます。イライラしています。すぐに店を出たいと思っています。彼らがあなたの母国語を話すとは限らないので、あなたは腹が立ちます。あなたはどのように彼らを養っていますか? 面白いですね・・・ また、彼らはどのようにそこから養われるのでしょうか?

その原動力は、驚くべきものです。そして、実際、それは極めてシンプルなのです。ですから、この養う、というすべてがいかにして起こっているかに、よく気づいていて下さい。

では、それを別のレベルに持っていきましょう。あなたは、物理的な領域を超えたところで、どのように養っているのでしょうか・・・ いいでしょうか? また、あなたはどのように、非物理的な領域から受け取るのでしょうか? あなたはどのように天使や、大天使たちとつながるのでしょうか? どのように彼らを養うのでしょうか? いいですか、「大天使」とは、原型のエネルギーを意味します。魂を持つ存在ではありません。あなたは、その原型の存在に、大天使に、あなたのエネルギーを入れている、あるいは養っているのです。あなたが彼らを創造する助けとなるのです。大天使ミカエルは、魂を持ちません。彼はあなたの一部です。あなたがその複合存在を創造する手助けをしました・・・ 大天使ガブリエルも、同じことです。あなたはどのようにそれを養っているのでしょうか?

自分自身を判断したり、罪悪感を感じたり、自分は悪いことを考えているのだとは思わないで下さい。それは、まったく重要ではありません。それは、ただの意識に過ぎません。違いをもたらすのは、内なる欲求と、情熱なのです。あなた方のなかには、自分が何を考えているかを心配することで、がんじがらめになっています。

それは、もっとずっと深いところにあります。それは、内なる情熱と、内なる原動力、そして、とりわけ、内なる信念ということです。あなたは、自分が考えていることを、あまりにも注意深く、観察しようとします。自分が考えていることよりも、あなたの信念が何なのかを、見て下さい。その2つは、別個のものです。信念と思考は、極めて異なります、シャーンブラの皆さん。それを少し、熟考してみて下さい。

さて、あなたはどのように、他の領域を養っているのでしょうか? また、それらは、どのようにあなたを養っているでしょうか? あるいは、あなたは、自分をそこから、遮断するのでしょうか? あなたは、サンタ・クロースはいないと信じていますか? それは単に、創作されたキャラクターに過ぎず、実際には、ためになるより、害になったと? あるいは、あなた方のなかには、いまだにサンタ・クロースにむかついている人もいるかもしれません。ほしいものを持ってきてくれなかったわけですから。あるいは、それゆえに、あなたは、イマジネーションの領域にある物事を遮断したのかもしれません。それについて、少し、考えてみて下さい。

あるいは、あなたは、若い頃、ちゃんとしたサンタの体験を否定されたのかもしれません。ひょっとすると、彼は現実ではなく、あなたの空想の産物であり、このクリスマスの時期に、小さな子供をなだめるために創られたのだ、と言われた時、その失望があまりにも大きかったのかもしれません。ですから、ひょっとすると、あなたが多次元の、イマジネーションの領域へと拡大するのを妨げている否定的な特性がそこにはあるのかもしれません。そのような領域は、あなたがたった今、座っている人間の現実と同じように、あるいはそれ以上に現実なのです・・・ 同じように、あるいはそれ以上に現実です。

現在まで、人間の次元から比較的、隔てられていた、これらのイマジネーションの領域は、本当に、極めて現実的なものです。どんな天使にでも訊いてみて下さい。彼らは、喜んで、自分たちが同じように現実的なものだと教えてくれるでしょう・・・ 異なりますが、でも、現実なのです。

さて、人間の現実と、他の様々な現実の間には、現在まで、このような隔たりがありました。あなたは、その間に、壁、あるいはヴェールを創造したのです。あなたは、この2つを隔てておくための、信念体系を創造しました。けれども、シャーンブラの皆さん、それらは今、一緒になろうとしています。それらは一緒になり、並んで、多次元に、物質と非物質が、共存することができるのです。これは、とても現実の、とても - 何と言うか -  現実的な可能性なのです。

私たちは、これから、そして今後、数回のシャウドで、これがいかにして作用するかについて、いくつか、話をしていきます。それについて、あまり頭で考えないようにしていただきたいと思います。そこに向かう傾向がありますから。あなたが頭で考えてしまうときには、ハートでもまた、感じるようにして下さい。また、それを呼吸して下さい。私たちが話をしていくのは、絶対不可欠な原則、不可欠な道具のいくつかです。私たちは、影の潜在的可能性と、起こりうる可能性について話をしていきます。サンタ・クロースは、ある意味で、影であり、潜在的可能性、あるいはあり得る存在です。つまり、それは、本当に、極めて現実的なのです。

あなたは無数の、影の潜在的可能性であり、起こりうる可能性です。あなたは、自分自身のたったひとつの表現を見て、体験しています。ひとつの表現というのは、あなたがそこに閉じこめられているからです。あなたはそれに同意したのです。もう、あなたは出て行きたいのです。それを超えて行きたいのです。

さて、「影の生体」について、少々、話をしましょう。あなたは自分の身体を見て、あるいは感じて、こう言います。「もうダメだ。歳をとっている。自分が望むほど役に立っていない。」 そしてあなたは、それを受け入れます。もう、それを受け入れないで下さい。なぜなら、あなたが見ているのは、ただひとつの表現だからです。

DNAよりずっと深いところにある、あるレベルにおいては、そのレベルとは非物理的なものですが、あなたの内側にすでに存在する、無数の「影の生体」があります。それらは、外側の領域や、エーテル上にあるものではありません。それはたった今、あなたのなかにあります。それはあなたの現在の生体の現実の背後に隠れていますが、そこにあります。完全に癒された身体が、すぐそこにあります - ええ、そうです - 完全にバランスのとれた身体です・・・ 死ぬことのない身体・・・ エネルギーに満ちた身体・・・ 体重や食事に気をつけなくてもよい身体・・・ 医学的なこのすべてのものを心配しなくてもよい身体。

近頃は、本当に残念なことです。いわゆる「医師の忠告」という、このすべてのものにより、それは矛盾があり、力を奪うものですが、人間はあまりにもノイローゼ気味になり、混乱しています。人間はくしゃみをしたり、おならをしたり、咳をするたびに、あまりにも心配しすぎます、シャーンブラの皆さん。(聴衆、笑) この心配のすべてが、身体の活動を、素早く停止します。あっというまに、中断します。なぜなら、身体は弱くて、脆いという信念体系があり、身体には回復力がないという信念体系があり、それが文字通り、反応しているからです。

あなたの内側にあるのが、「影の生体」であり、それは、あなたの身体が、本当の意味で、何にでもなり得る可能性です。四肢を再生する可能性が・・・ 私たちは数年前に、「それは可能ですか?」 と訊かれたことがありますが、その時、こう言いました。「可能ではありますが、今の時点では、意識の覆いゆえに、ありえそうなこととは言えません。」 けれども、今、シャーンブラの内部では、その覆いですら、消え去りつつあります。「影の生体」は、他のすべての可能性です・・・ ええ、本当に、髪を再生する可能性や・・・ シャーンブラの皆さん、肉体の不快な症状を取り除く可能性もです。「影の生体」は、また、独自の、強大なヒーリング能力を内蔵しており、それは文字通り・・・ 古い傷にまで入っていき、文字通り、過去世から持ち越されたものですら、回復する可能性を秘めているのです。

いいですか、あなたの肉体の内部に、過去から持ち越したたくさんの感情的、あるいはトラウマを残したエネルギーをもまた、あなたは携えています。ひょっとするとあなたは、火あぶりの刑で焼かれたか、戦争で殺されたか、ひどい事故にあったか、あるいはそのようなことを体験したかもしれません。あなたは、それをこの生涯において、肉体の表現のなかに、それを持ち越す傾向があります。「影の生体」は、そのすべてのバランスをとり、回復する可能性を秘めているのです。

私たちが言っているのは、つまり、あなたは、あなたのこの身体だけに閉じこめられているわけではない、ということです。あなたはもはや、この1個の肉体の表現のみで定義されることはない、ということです。他のすべての可能性は、すでにあなたの内部にあります。単に、それを出してあげるかどうかという問題なのです。先程も言ったように、あなたの信念体系がいかにしてあなたの現実を養っているかを見る、ということなのです。あなたが現実を変えたい時、あなたは信念体系を変えます。すると、このすべての可能性があなたのためにワークしていくことが可能になるのです。「影の生体」は、身体から癌を取り除くことができます。あなたがそれを信じ、それが起こるのを許容すれば。

「影の生体」は、たった今、あなたのなかにあります。それを祈り求める必要はありません。あなたは・・・ 何とかして活性化する必要はまったくありません。この極めて自然なプロセスを邪魔してしまいます。あなた方の誰かが、「影の生体」を活性化するクラスを始めたら、(聴衆、笑) 美しい、自然な概念を知的に処理して、方法論やプロセスを打ち立てるわけです。

あなたが仮に、いわゆるこの、「影の生体」というものを活性化したいのであれば、それは単に、安全な空間にいることです。あの静謐な地点にいて、あなたと、あなたの呼吸だけがある、あの静かな場所にいることです。自分自身に、本来のあなたになる許可を与え、人生を楽しむのです。そうすれば、それは自動的に活性化されます。あなたの新しい現実の基盤に、自動的に入り始めます。

「影の生体」は、他の領域から持ってくる必要はありません。単に、あなたの人生で受け入れる必要があるだけなのです。それを強要したり、無理強いするのはダメです。そのようには働きません。それを受け入れる、ということなのです。そして、あなたの信念体系がどのようにしてあなたの身体を創造しているのか、あなたの肉体という存在を創造しているのかを見るということなのです。

実に、「影の生体」は、視力を正す可能性を秘めています。それは - 何と言うか - 血液のなかの不均衡を一掃する可能性を秘めています。間違いなく、エイズに働きかける可能性も秘めています。医療の分野に携わっている人たちで、とりわけ、エイズに関心を持っている人が、最近、私たちに質問しましたが - 何と言うか - その答は与えていませんでした。この内側に鍵があります。つまり、「影の生体」がどのように現れ得るかを理解することです。

私たちがここで言っているのは、あなたは、ひとつの身体ではない、ということです。あなたはたくさんの、たくさんの身体なのです。けれども、他のものは、あなたが現在、光を照らしている現実の背後にある影のなかにあります。現在のあなたの、この肉体存在の表現の背後には、たくさんの、たくさんの他の潜在性や起こりうる可能性があります。

あなたは言います。「けれども、これは空論ではないのですか? どのようにして引き出せばいいのですか? これは - 何と言うか - イマジネーションだけでよいのですか?」 その通りです! イマジネーションを通して、あなた自身の一連の信念体系を開いていくことで、それが入ってきて、表現されることができるようになるのです。それが、あなたの身体にどんなことができるかに、あなたはびっくりするでしょう。私たちはこれを、さらに今後のシャウドで、話していきます。あなたはただひとつの身体ではないということです。あなたは、たくさんのものです。そのどれを、あなたの新しい現実に持ち出したいですか?

あなたが「影の生体」、あるいは、様々な生体を持っているように、あなたはまた、たくさんの「影の人格」を持っています。それは、休眠状態だった、潜伏していた、あなた自身の様々な側面です。それらもまた、現れる準備ができています。あなたは、もしかすると、自分がこの生涯で、女性として生まれてきたと思っているでしょうか・・・ ある一定の水準の教育を受けたと・・・ 看護や、ある種の医療分野で仕事をしてきたかもしれません・・・ あなたは自分のアイデンティティをある特定のもので表現していると思っているでしょうか? それは、ただひとつの表現、あるいはひとつの側面に過ぎません。あなたはそこに閉じこめられているわけではありません。

あなたの内側には、アーティストになったり、哲学者や、作家、ミュージシャン、農夫、聖職者になる、潜在的な可能性と、起こりうる可能性が秘められています。いいですか、あなたはただひとつの、起こりうる可能性だけを表現してきました。あなたの内側には、すべての「影」が、他のすべての潜在的可能性と、起こりうる可能性があります。もう、それらを実現し始めることができるのです。

あなたは最近、音楽を演奏したいという衝動を感じたかもしれません。けれども、演奏したことがないので、どこから始めればよいのか分かりません。もしかするとそれは、その、起こりうる可能性であり、その「影の自己」が、あなたの別の側面がもう、あなたの現実に統合されたがっているのかもしれないのです。あなたの信念体系はあなたを、ある特定の形に規定して、ああ、そんなことはとてもできませんよ、と言うのです。あなたはそこで、自分がミュージシャンになれないのは、そのような訓練を受けてこなかったからだ、という、あらゆる知的な正当化を、自分自身にします。

今のあなたの、「新しいエネルギー」としての存在において、このような新しいことを試してみれば、それを習得するのがいかに簡単か、規律を課す必要はないことに、苦しみや、このすべての - 何と言うか - 習得することの厳しさを体験する必要がないことに、驚くでしょう。なぜなら、もう、それはマインドによる分析ではなく、ハートの表現からくるものだからです。あなた自身の、すべての「影の自己」を引き出すのです。あなたは、自分自身をひとつの身体、ひとつの人格、ひとつの名前に、定義づけました。あなたはたくさんのものなのです、シャーンブラの皆さん、たくさんの、たくさんのものです。

これを、オルターナティヴ(代替的)な現実と呼んでも構いませんが、あなたがオルターナティヴな現実について考える時、それはどこか遥か彼方の、別の次元に存在するものとして捉えます。けれども、それは文字通り、この物理的な現実で、あなたとともに共存することができるのです。なぜなら、あなたもまた・・・ あなたの「影の自己」が現れてくるようになると、自分は、この3次元に、今まで考えていた形では存在していないことにもまた、気づくからです。あなたはここに、閉じこめられてはいません。あなたは、たくさんの様々な次元なのです。

私たちは一度、言ったことがあります。「私の父の家には、たくさんの、たくさんの豪邸があります。」 その意味するところは、起こりうる可能性は、「影の自己」は、あなたのスピリチュアルな自己の、様々な別の表現は、多次元に、層をなすやり方ではなく、すべて一緒に生じることができるということです。それらはすべて、たった今、まさにここで表現されることができます。

あなたの地球上の様々な生涯の過程で、決して生きることのなかった、「影の生涯」があります。なかには、数回の人もいれば、数百回の人もいますし、数千回の生涯を持つ人もいます。ともあれ、地球上で1度も生きることのなかった・・・ 「影の生涯」があります。それらは、他の領域では生きていました。あるいは、もしかすると、想像するまでにも至らなかったかもしれません。そこに隠れたままで、休眠状態だったのです。それから、ええ、「影の生涯」には、おそらく、何百万の、何十億の可能性があります。あなたは自分自身を、メタフィジカルな、「ニュー・エイジ」な意味で、様々な生涯の系統という意味で、定義づけてきました。けれども、この地球上で生きていない「影の生涯」を、あなたは考慮したことはありませんでした。

いいですか、あなたは、あなたが考えていたよりもずっと、それ以上のものなのです。あなたが鏡に見るもの、あなたが日々を生きるものよりも、ずっと、あなたはそれ以上の表現なのです。あなた方のなかには演じてきた人もいます。つまり、他の領域に行き、そこで、多次元のワークをしたのです。ここではなく、そこにいたことを想像するのを、自分自身に許しました。自己の影の性質という、この新たな理解とともに、たくさんの起こりうる可能性と、潜在的可能性を、あなたはこの地球の、人生の舞台へと、この劇場へと、もたらし始めるようになります。もう、この2つを分離することはありません。それらはひとつにすることができるのです。

これはすべて、結びついています、シャーンブラの皆さん、私たちが数年間、話し続けていたことが - イマジネーション・・・ 開いていくこと・・・ あなたには限界がないという理解・・・ たった今、それを、ここにもたらすことができるのだ、という理解。

さて、次のギャザリングを持つまでの、今後、数週間の間に、あなた自身である、あらゆるものになる許可を、自分に与えて下さい・・・ いいでしょうか。私たちは、先月そのことを話しました。あなたは、ただ、自分に対して、人間としての自分に対して話しかけられていると思っていました。私たちは、あなたのことを話しているのです。魂に、オーバーソウルに、たくさんの潜在的可能性と、起こりうる可能性について話しているのです。私たちが言ったことを覚えておいて下さい - あなたは、一度にひとつの現実以上のものを表現することができます。セント・ジャーメインが熟知している概念のひとつです。あなたは同時に、複数の現実を表現することができるのです・・・ 何という概念でしょうか!

本来のあなたになる許可を、あなたが考えることもなかったもの以上になる許可を、自分自身に与えて下さい。今後、数週間の間、自分自身に、人生を楽しむ許可を与えて下さい。本当の多次元の自己になるという観点で言えば、それは、あまりにも重要なことです。人生を楽しんでいなければ、それはできません。あなたがここにいたいとも思わなければ、人生の贈り物さえも自らに与えていなければ、どうやって、このすべての起こりうる可能性や、影の可能性を現実に取りこめるでしょうか? あなたが、「ギリギリやっていく」という、この古い信念体系に同意しているなら、どうやってそれを取りこむことができるでしょう? あなた方のなかには、いまだにそれに - ギリギリでやっていくことに - 賛同している人がいます。あなたがギリギリでやる、ということに賛同しているままなら、どうやってこの、すべての他の起こりうる可能性と、潜在的可能性、そしてスピリチュアルな創造性の表現を取りこむことができるでしょうか?

ですから、このホリデー・シーズンの間、人生を楽しんで下さい。あなた自身を手放して下さい。他人のことは心配しないで下さい。あなた自身を、楽しませて下さい。それ自体が、代わりとなる、「影の起こりうる可能性」が入ってきて、あなたのステージで、あなたの人生で、一緒にダンスするための招待状なのです。それは私たちから来ているものではないことを、忘れないで下さい。入ってきているものはすべて、あなたものです。

次のシャウドまでの数週間の間、十分な深呼吸をして下さい。そして、同じ時間と空間の連続体のなかで、複数の現実が共存するのがどんなものかを、自分自身に体験させ始めて下さい。そのこともまた、熟考すべき何かを、あなたに与えてくれるでしょう。あなたは、一度にたったひとつの表現だけしか実現しない、現実化しないという信念体系を受け入れてきました。

さて、あなた自身を可能にして下さい。あなた自身を開いていき、自己の複数の表現を、潜在的可能性が影から出ていき、それが現実へと入り、共存するのを感じて下さい。それは - 何と言うか - なかには、これは、多重人格障害(multiple-personality disorder)ではないか、と思ってしまう人もいるでしょう。(少々、笑) それは実際には、多重人格の健全な状態(multiple-personality by order)なのです。(さらに笑) あなたは、このプロセスが生じるのを許容しているのです。

それがどんなものかを、感じてみて下さい。車を運転しながら、重機を操作しながらするのは、おすすめしません。(さらに笑) 空間の感覚が失われるような、圧倒的な感覚が訪れるかもしれませんが、それは、適切なものです。バランスを失っているわけではありません。コントロールを失っているだけです・・・ いいですか。そもそも、あなたは、コントロールしたくはなかったのです。

自分自身を、あなたという複数の表現にさせてあげて下さい。強要しないで下さい。ただ、それが起こるのを許して下さい。たくさんの様々な方向から、物事を、すべて一緒に、「今」の瞬間に体験できるのです。これが、セント・ジャーメインがしたことです。これが、彼が達人であるものです。これが、彼があなたを手助けしていくことです。

制限をはずして下さい。やってみて下さい、シャーンブラの皆さん。このホリデー・シーズンを楽しんで下さい。

そして、そういうことなのです!
(And so it is!)


translator: mayumi(林 眞弓)


---------------------------------------------------------

クリムゾン・カウンシルのトバイアスは、コロラド州ゴールデンのジェフリー・ホップにより提供されています。聖書のトビト記からのトバイアスの物語はクリムゾン・サークルのウェブサイトwww.crimsoncircle.comで見ることができます。トバイアスの資料は、世界中のライトワーカーとシャーンブラ達に、1999年8月(トバイアスが人類は破壊の可能性を脱して新しいエネルギーに入ったと話した時)以来、無償で提供されています。

クリムゾン・サークルは、新しいエネルギーに入る最初の人々に含まれる人間の天使の世界的なネットワークです。彼らがアセンション状態の喜びと挑戦を経験するに従い、彼らは他の人々の旅をシェアリングと世話とガイドによって支援します。毎月、7万人を越える訪問者がクリムゾン・サークル・ウェブサイトを訪れ、最新の資料を読み、自らの経験をディスカッションしています。

クリムゾン・サークルはコロラド州デンバー地域で毎月集まりがあり、そこでトバイアスはジェフリー・ホップを通して、最新の情報を提供します。トバイアスは、彼と天界のクリムゾン・カウンシルの他の存在達は実際には人間達をチャネルしていると述べています。トバイアスによれば、内側でそれを経験しながら、それを外側から見られるように、私達のエネルギーを読み、私達自身の情報を翻訳して私達に戻しています。クリムゾン・サークルの集会は一般に公開されていますが、予約をしていただいたほうがいいです。クリムゾン・サークルはその豊かさを世界中のシャーンブラの開かれた愛とギフトを通して受け取ります。

クリムゾン・サークルの究極の目的は、内なるスピリチュアルな目覚めの道のりを歩む人々に、人間のガイド、教師として奉仕をすることです。これは福音伝道の任務ではありません。むしろ内なる光は、人々をあなたの思いやりと世話を求め、あなたのドアステップに案内するのです。“剣の橋”の旅に船出しようとする比類なき、尊い人があなたのところにやって来る時、あなたはその瞬間に何をし、教えるべきかわかるでしょう。

もし、あなたがこれを読んでいて、真実と繋がりの感覚を感じるのなら、あなたは本当にシャーンブラです。あなたは教師であり、人間のガイドです。神性の種を、この瞬間に、あなたの内で花開かせ、そしていつもやって来させてください。あなたは決して一人きりではありません。世界中にファミリーがいて、あなたの周りの領域にも天使達がいるからです。

どうぞ、このテキストを非商業ベース、無償ベースで自由に配布してください。どうか情報は完全に含めるとともに、これらの脚注も含めてください。他のすべての利用については、コロラド州ゴールデンのジェフリー・ホップによる書面の同意が必要になります。

コピーライト2005 ジェフリー・ホップ コロラド州ゴールデン80403 私書箱7328 Eメール  Tobias@crimsoncircle.com このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください  著作権所有 クリムゾン・サークルについてのより詳しい情報は email@crimsoncircle.com このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください までメールください。


スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。